FC2ブログ

記事一覧

坐り方の工夫 45


坐り方の工夫 45


[ 質問 ]

手を観てその人の貴賤
部下の有無を弁ずる事が出来るのは、何故でしょうか

[ お答え ]

手は自分の身体の左右にあり
龍虎の臣下のような役割をしている
つまり、手が龍虎の臣下になりうるか否か
をもって、その人の貴賤を弁ずるのである
また、手が完全である者は
龍虎の臣下を得たようなもので、その身体は自然と貴い

逆に手が賤しい者は
龍虎の臣下を得ていないようなもので
自然と下賤である
ゆえに、手を観てその人の貴賤
部下の有無を弁ずる事が出来るのである
しかし、心の清濁によって深く考え知るべきである


......................................水野南北居士(1760-1834)





2019年11月27日01



ガチィ!パリィ!ドンッ!
を継続中でした

左右の脚は胡坐であれ
半跏趺坐であれ、組んで候ですが
本日は、残りの「 腕と手 」の考察です

ドンッ! (鳩尾のしこりを垂直放下)
を続けていますと
何となく腰腹に、身体の首都が移るような
相対的に、その他は過疎化?するような
体感的に「 腕と手 」は軽量化な方向へ

「 腰腹 」 の重量化と、「 腕と手 」 の軽量化

確かにそれは、
臣下の関係と、言えるのかも知れません

その状態で
普段では不自然な
「 法界定印 」 のような手組みをしても
反旗違和感を感じません

これは「 腕と手 」が
気軽に、「 腰腹 」に従ってる証でしょうか



.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

61歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/



















.

最新記事