FC2ブログ

記事一覧

空 華 「 地空ともに 」

空 華   59 )蓋国買無門は蓋國買はなきにあらず買無門なり従地発の空華あり従花開の盡地ありしかあればしるべし空華は、地空ともに開発せしむる宗旨なり正法眼蔵 「 空 華 」 ラスト一節でした 。泣きたくなる時もある踊りたくなる時もある心魂は、有為転変なる哉です色々あるけど精神 ( 空 ) を一本この身 ( 地 ) に通してしゃんと威儀を正す大樹、千年の四季を覧すでしょうか ....

続きを読む

空 華 「 従 地 」

空 華   58 )師いはく空華地より発け、蓋国買ふに門無しこの道取、ひとへに自余の道取に準的すべからずよのつねの方は空花の空花を論ずるには於空に生じてさらに於空に滅するとのみ道取す従空しれる、なほいまだあらずいはんや従地としらんやただひとり石門のみしれり従地といふは初中後、つひに従地なり発は開なりこの正當恁麼のとき従尽大地発なり、従尽大地開なり身体の中を空花 ( 精神 ) が上下する上下する時身体は地華...

続きを読む

空 華 「 山中の宝 」

空 華   57 )大宋國石門山の慧徹禪師は梁山下の尊宿なりちなみに僧ありてとふ如何ならんか是れ山中の宝この問取の宗旨はたとへば如何ならんか是れ佛と問取するにおなじ如何是道と問取するがごとくなり師いはく空華地より発け、蓋國買ふに門無し「 門無し 」何かの協会団体が秘密?を隠しておられる独占販売?なされてるそうではありませんそれは open なものですこれが、慧徹禪師の立ち位置でしょうか空華・山中の宝は、悟る...

続きを読む

空 華 「 逞風流 」

空 華   56 )佛佛祖祖の道取する空華地華の宗旨それ恁麼の逞風流なり空華の名字は經師論師もなほ聞及すとも地華の命脈は佛祖にあらざれば見聞の因縁あらざるなり地花の命脈を知及せる佛祖の道取あり「 地華の命脈 」祖師方のオシャレなところそれは、理想の天を見上げていないトコこの身をシャンとする威儀を正す視線はいつも逆十字になされてる形の奥に精神を見るそう向かわず精神が形を形成する =形そのものが、精神であ...

続きを読む

空 華 「 欲識すれば 」

空 華   55 )いまひとへに十方佛と欲識すれば眼中花にあらずひとへに眼中花と欲識すれば十方佛にあらざるがごとしかくのごとくなるゆゑに明得未明得、ともに眼中花なり、十方佛なり欲識および不是すなはち現成の奇哉なり、大奇なり「 欲識すれば 」これは、前後左右上下それを見渡そうとするその何気ない習慣でしょうかつい、見てしまいます神妙なれば視線は逆向きになります神妙なれば十方がここに腰腹に集まってこられる....

続きを読む

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ