FC2ブログ

記事一覧

息を目一杯吐くと

ヴェールに包まれてるそれ以上立ち入れないこの感覚は意識的に養わないと、見失います遠くを見れば宇宙は膨張してる、となり身近なものは原子や素粒子で出来てるてなっちゃう、今の教育では確かにそうですがこの感覚の弱点って認識にかこつけて感覚知覚をそこで止める、目一杯使わなくなるでしょうか静かに坐して認識知覚を目一杯発揮してみるそれ以上立ち入れない認識知覚の境界まで行こうとすると同時に息も目一杯吐く事となりま...

続きを読む

眠りに入る時

眠りに入る時意識も同時に消え入りますその先へ入って行けない仮にこれを感覚知覚の限界境界としてみます「 身体を目一杯使う 」 って言うイメージがありますそうすると私達は眠る瞬間一日に一度感覚知覚を目一杯使ってる、ってなるでしょうか昔の武道家が息を一点に吐いてその一点に鎮まるそんな修行をなされたこれを実際検証すると息も段々細くなって見えなくなります分けわからなくなるこれって、感覚知覚を限界境界まで使用...

続きを読む

立ち位置が入れ替わってる

回向返照の退歩を学すべし...............................「 普勧坐禅儀 」 回向 Eko / 返照 Hen-syo / 退歩 Taihoこれらの言葉を幾何学的に読むと逆向き、と読めますA→B の逆向きは A←B ですベクトルの始点が変化してます立ち位置が入れ替わってるお寺の鐘が、遠くに聞こえますやさしい余韻を残し夕方の、茜色の空に消え入ります立ち位置を入れ替えます鐘の音が消えて入った茜色の空から自分を観てみます....

続きを読む

没消息

古池や蛙 kawazu 飛び込む水の音蛙 kawazu を、500円玉に変えてみました古池の深さは計り知れないとします沈んで行く500円玉を、五感と心感で追いますこれは実際してみなくても心魂でシミュレーションしてもたぶん見失うだろうと確信されますこれってイタズラな思考シミュレーションとも言えますが冷静に観察すると 「 非日常 」 を含んでいます普段私達は捉えられ輪郭がはっきりしたものその感覚思考を自分の内容としてますこ...

続きを読む

「 返 照 」 を思う   1

感覚や知覚はもちろん 心眼のような知覚でも ある境界まで行って消えます その先まで届かないし 何の報告もありません 感覚の境界の隣が 崇高なもの美しいものだったとします 放った感覚は 「 はて 」 で消えず 美しい! という判断として 戻ってきます、帰ってきます ....

続きを読む

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ