FC2ブログ

記事一覧

行佛威儀 「 地に立ちて聴く 」

正法眼蔵「 行佛威儀 」  64 )玄沙院宗一大師云火焔三世諸佛の爲に説法するに三世諸佛地に立ちて聴く------------------------------------------------------------------何気ない日常とは申せども、ですねそれは、それを陰で支えし様々な方々が社会のインフラを支えてくれてるから?な感じもします美しき朝の風景目には見ること能わずではありますが世界には温かき心情の如し現実の生きた理念の如しそのようなものが実際にあ...

続きを読む

外腹斜筋と加速度 ③

お疲れ様ですっ!外腹斜筋と加速度その③でした。外腹斜筋はん加速度ついて下方ベクトルきかせる一方、ろっ骨上部では前鋸筋はんが斜め後方へ引っ張りんなさるこん図から受けしimageちゅうと ・・☆上下でろっ骨を広げてる?☆大腰筋の 「抱っこベルト」で ろっ骨は、安定してる☆押さえ(ろっ骨)が効いてて 外腹斜筋&前鋸筋共に 十分伸びが効く☆水落ちは、安定して 解放されし趣☆胸はおおらかにこんなimageでがんしょか....

続きを読む

外腹斜筋と加速度 ②

お疲れ様ですっ!外腹斜筋と加速度その②でした。ところで、ささきはんッ!コチラん図は何でっか?あっ、こりゃ何ですろっ骨が押さえで下方へ引っ張る外腹斜筋はんの筋肉の向きそればチョと回転致し候 suneこう言うんを「kozituke」ちゅうんすねここが醍醐味ちゅえばそれでがんしょか?現実に存在ちてて、忘れてもまたimageでけるたぶん来年もお日様&地球はんこんな軌道で飛翔してらっしゃろでがんしょか一歩あゆみば進めるになん...

続きを読む

外腹斜筋と加速度

お疲れ様ですっ!3月17日 土曜日如何お過ごしでしょうか?早朝は2~3度っちゅうにお日様お出んなられ一気ぽっかっに15~6度へと駆け上り候ほぉ~でんなぁ、一本調子はおもろないでぇ sukaと言う事で私の外腹斜筋はんとのお友達計画も只、Aを押さえBへ伸ばすちゅうんじゃねくぐっイ~nと加速度的に伸ばそじゃないかぁ! desuneこれまで二次元平面A点~B点のimageやしたがまっ実際、立体3D &ろっ骨湾曲に沿うちょ...

続きを読む

しまりし横はらっ! ④

お疲れ様ですっ!しまりし横はらっ!その④でごじゃるこちらの図は、今回話題にせし外腹斜筋はんの押さえ( a点ッ!)と伸ばすトコ( b点ッ!)その強調図でがんした。右側はご参考ろっ骨~肩甲骨はんに渡る前鋸筋の図でした。前鋸筋はんを参考に致すは他でもごじゃらん10㎝にも満たん短い長さの筋肉はんですそれを押さえて伸ばそぉ!ちゅうたら、正確不正確は抜きにしてもこの辺かしら? って10㎝弱の短い長さん中にそん二点を特...

続きを読む

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


読み上げ(read aloud)はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ