FC2ブログ

記事一覧

坐禅の仏道たる所以 (yu-en)   6

「 物質的な人生の中で   生を尽くす自我とは何でしょう   それは、エーテル体(形) の内的な充満です   自我は内的なエーテル体を鏡にして   エーテル体の内壁に   自らを映すことが出来ねばなりません  」 ...................................ルドルフ・シュタイナー 彫刻や陶芸は 石や土に対し、外から手を加えます 外から、形づくる 創世記の人の誕生はどうでしょう 「 神は、土の塵で人を形づくり   ...

続きを読む

坐禅の仏道たる所以 (yu-en)  5

威儀を正すなら上下ベクトルを打ち込むなら我が身は 「 対 象 」 となるはず = 坐禅となるはずでも、ただ坐っても我が身が、対象にならない坐禅にならないのは、何故なのか?このように展開するなら我が身は 「 対象 」 の反対自我の牙城となっちゃいます2.と 3.の間に重要な認識が必要となります身体内壁の充満 形 (エーテル) の充満とは何でしょう 上下ベクトル・威儀にて 身体へ打ち込まれた 「 自我 ...

続きを読む

坐禅の仏道たる所以 (yu-en)  4

ルドルフ・シュタイナー先生のレポート 「 私 」 は物質界に由来しない これだけ聞くと、 ?を通り越して 苦笑軽蔑となる、これは予想されます それくらい 「 私 」 は、この身の中にいないと 安心しないと言うか この家(この身)の中にいるのが、「 私 」 これに馴れてる しかし、十分な観察熟考を経れば それはありえると、誰でも予感出来ます 十分な観察とは何でしょう この身が 上下ベクトルを打ち込む「 対 象...

続きを読む

坐禅の仏道たる所以 (yu-en)  3

可愛い我が身は上下ベクトルを挿入する 「 対 象 」そう、客体化されます道元禅師はこれを 「 出身の活路 」と述べられたではあなたは、何処にいるの ?そう、続きます「 頭で天を衝き、腰を大地に埋める 」....................................... 沢木興道老師 こんな単純な事ですが我が身が対象化されちゃうこの身に 「 私 」 がいないなら私は、何処にいるのでしょう五感で感じる世界 目や耳に映る世界これ...

続きを読む

坐禅の仏道たる所以 (yu-en)  2

「 頭で天を衝き、腰を大地に埋める 」....................................... 沢木興道老師 身体の内側に上下のベクトルを挿入するこの時、可愛い我が身は上下ベクトルを挿入する 「 対 象 」「 可愛い我が身 」 が客体化されてる「 可愛い我が身 」 が客体化された対象ってあなたは、何処にいるの ?....

続きを読む

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ