FC2ブログ

記事一覧

2016年11月22日02




お疲れ様ですっ!

11月23日 水曜日祝日
如何お過ごしの事でしたでしょうか?

昨日も
カラット晴れるんかなっ~
て期待するもそうならずっでした
お日様恋しいにゃ~ です





☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。




単純な修練 
一面を鍛えるトレーニングは
そりゃ それだけ集中すればもつんで
たいへん中華やってやれん事ない

一方、ここんとこレポート
致しましてる
宇宙生成の神話とか
こりゃ中々 読んでみて
ほうなっちょるワケすか
そうはならんすね

何回読んでも 俯瞰でけん
最初読んでほーか チュ処と
しばらくページが進み読んじょる処
それが綺麗に繋がらんすね


信じる信じないとか
ほうかも知れんかも?
そこまでも行かん

そう表象でけんチュこっです




☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。



なしてほーなんか
こりゃ 是はコレで
考察すべきかも? ですね

脚力、それにふさわしい体力
事前に準備されとらんと
佐々木くん!ちょっくら
あん山に登山行くべかっ?
て言われてもね ・ ・ です

読解力て言えば、「国語力」チュ
事になりましょうが
それは表層を見るには超便利でも
立体的には立ち現れんすね

立体的どころじゃない
実感をも まっその影にしろ
それが予感実感伴い
立ち現れてこそ 
そーすか ですか






2016年11月22日01



☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。




知らんもん表象(イメージ)すんには
何が必要なんでしょか ?
ですね




☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。





さて、「原初」チュ時期
そん地球の風景
それは「土星紀」と
呼ばれちょるんすか?でした

そん地球は、どんくらいの大きさ?
それが今の太陽から
今の土星ん処まで

んっ? 
そりゃ古の地球とも言えますが
それは太陽系の原初の姿
でもありますか







☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。





こん神話と
各種物理学上の宇宙観との違いは

近代科学的アプローチは
モノからしか理論体系を構築でけん
チュこっすね

ちゃんと確認でき計測でける
モノを常に扱いそりゃ頼もしい哉です

しかしこりゃ不謹慎チュもんすが
ほーなんだっ って耳傾けて行くと
ほして?ほして? って話しが佳境に
なっと出るおちが
「自然とほーなった」 
こりゃ、人によるんでしょうが 
わたしゃ~何かがっかりすね




2016年11月22日03


☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。




「自然とほーなった」
確かに 自然と春夏秋冬
四季は巡るすね
お月様も天を巡っちょる
「自然とほーなった」ちょる

ほして まっ大風呂敷に言えば
「人」だけは
自然とほーならんすか

電気ガス水道、鉄道飛行機
何気社会インフラも
それを支える人達の
それを維持せにゃならんチュ
強い意志があったればこそすか


税金やだねっ!ちゅうても
向こうに是が非でも税金集めっぺ
チュ強い意志があればこそ集まり候で
税金ですら自然とは集まらんしょと








☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。



さて、今の土星の軌道
そん大きさだったかつての地球
それはモノ以前
心的魂的な「火そのもの」「熱そのもの」
じゃったと

そん中で「息」が起る
息がなされる
自然とほーなったか?

いや、そん意志が当然働いた故なり
そう推測すんのが素直すか

そん意志は「原初」以前から
吹いて来るんでしょうが ・ ・





2016年11月22日04




☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。






まっなんするんでも
気が乗らんと気が熟さんと
始められまへんですね

「タンカン」チュ柑橘類ですが
集落の区長殿から一杯頂き
それをジャムにしてお返しすんべ
チュ流れなんですが
これが 貰ったのはいいが
なかなか作らん
よしっ! やっかっ!ちゅうと
乗り乗りでするんですが
そん一歩がよー踏み出せん






☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。




タンカンのジャム作りと
大古原初の「火」が息始めた
これを同列扱うは
如何なもんでしょ チュもんすが
まっ些細身近ん事も
ばかできゃ~事も よしゃ!
そーすっか! チュ意志が行使されて
レッツのごっ! てな運びに
なんかなっ~ って




2016年11月22日05



☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。




ほれにしても何ですな
自心を見ても
内面なんちゅうもんは
茫洋たるもんすね
心的魂的ちゅうても同じすか

そこにクッキリはっきり
なんか区切り付けとうなるは
分かるっすね
寂ちい!ちゅうよりは
もの足らん感じっ!


息してそんoneサークルに
己を刻印すっ
そん気持ちは分からんでもないすね





☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。





諸先輩方、それはもう
及びもつかん イメージも及ばん
そんくらい先行きよっちょるんで
まっ神なんチュ言葉もでたでしょうが
そんな諸先輩方も
今の太陽系に先行する中華
以前の太陽系ん姿ん中で
「人」の進化段階を通過なされた

そう「私」チュ区切りを確信した

神話では原初 「土星紀」
そん次に「太陽紀」ほして
「月紀」そして今の「地球紀」
てな推移で来ちょると

そん時々で「人」を通過されし
先輩方がおられた
で、今私達がそこを通過すっぺかと

神々の位階、順にお登り候と



2016年11月22日06




☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。



「土星紀」と今の「地球紀」
そん間にある
「太陽紀」「月紀」
こりゃこん二つは 
あーなってこーなってが 
込み入ってて ・・


日々の修練トレーニングには
複雑過ぎて中華
消化不良予想でけるんで
しばらくは、「土星紀」ん風景
それを手本に鍛錬すっぺか です





☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。




熱き血潮に なんたらかんたら
チュ歌がありそうすが
「古土星」の火・熱
それは遠い古に消えてもうたかっ
ちゅうとさに非ず

こん身体ん中脈々と流れちょる
赤い血流 そん熱は
「古土星」の火・熱 そのものだと

こりゃ何が何に由来すっか
いや由来出自どころか
そのまんま 
それ自体だっちゅうワケです
ほんまかいねんっ? です



2016年11月22日07



☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。





こりゃメデタイ話しで
大昔ん話しじゃったら
これこそ遺跡を見に行かにゃならん
古文書読まにゃ~ならん
はたして見つける事っ?
でけるでしょうか
チュ不安もよぎろーチュもんです



2016年11月22日08


☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。



なんも 
血液温度を気張って
40度50度へ高めんべ 
ちゅう話しじゃなかとね 
ですね

心的魂的に血流ん中
火を予感すっか ちゅう
ほんまっ!びぃ!妙っ~なトコすか

こりゃ生理的にも
微妙な体温低下が
超大事な免疫力低下と
つるんじょる ・・




2016年11月22日09




☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。




まっ 何も意志働かさんと
ボヤっとしちょれば
ほりゃ心が
冷え冷えすん事の方が多しすか

まっテレビ観たり
音楽聞いたり そんれを阻止する
手段はよーけーごじゃる

ただ自分は心配性なんか?
いやズバリ心配性で
それだけだと不安になるすね



2016年11月22日10


☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。




こりゃ病院へは行かんぜよ
に似たりで
行けば治してくれちょる
緊急避難としては大事なこっすが
はたして是が緊急かっ? と

自分で自力で治るんちゃうん?
それもあるし 
そん一番根幹の治癒力免疫力
行使せんかったら
そりゃ腕が鈍るんちゃうん?
いや、鈍る通過して
退化して消えちゃうん
ちゃいまっか? ですね 。



2016年11月22日11



☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。






古(いにしえ)の遥か古(いにしえ)
そん、なんもモノも無かった
心的魂的が火・熱だけがあった

ほんな時があったんかっ~
です

テレビもラジオも音楽・ネットも
感情移入で魂盛り上げっぺっ
ちゅうとこもありすか


古(いにしえ)の遥か古(いにしえ)へ
思いをはせる・・ 同じ乗りすね
感情移入で魂盛り上げっぺっ! です



2016年11月22日12


☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。




ここ加計呂麻島で
島流しみたいんポツネンとおって
そこで思いをはせる
そんテーマにはピッタンコかも


そん当時、人は
心的魂的な火を熱を
呼吸なさっちょったんすか

火を吸うた時、そん火は
丸ごと自分だし
火を吐けば、それは我分身すか

吐息のoneサークルに
己を刻印する




☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。




火をはき切れば
それは火の玉土星が
のまんま我が身なりけりって
そりゃ悠々たるもんすね

ほして何よりもカニよりも
そん土星紀が心的魂的だった
ちゅうとこがええすか


幸いにこち寅にも
心的魂的な内面
持ち合わせ候なわけです

心的魂的な古(いにしえ)の火を
己を刻印したそん火を
時代を超えて今こん
心的魂的な内面へトレースする


共に内面に属せしこと
一応お話しの辻褄はおうちょる
チュもんでしょうか





☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。☆。







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

61歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/






















.

最新記事