FC2ブログ

記事一覧

DSC04083.jpg
[こちらは生間(いけんま)のフェリー乗り場でした。]


お疲れ様ですっ!

7月17日 日曜日
本日は、二週間ぶりに
フェリーにお乗り遊ばせ
対岸、古仁屋の町へ

そんなもんかなー
ですが
二週間おっただけで
もう生活の感覚
大いに変わり候すね

そーわざわざ御出馬致せしは
「蚊取り線香」ご購入のためっすね

なんか、すげっーなー
てな昆虫さんとか小動物さん系は
まっええんすが
蚊っさんは 
まだまだ御修行足らずすね

身一つで諸国行脚しておられた
修行僧や山伏
あるいは円空さんみたいな聖人達
ほんま 野宿とかしてて
蚊っさんにさされなかったんすかね

艱難辛苦に耐えに耐えれば
まっ蚊っさんにさされた
からって危篤になるわけじゃ
なかねん
気にも止まらず
だったんだ でしょうか?

都会人がこの家
お住まいになれば
すっげっーなーてな
昆虫さんとか小動物さん系に
大騒ぎ なされる方も
おるかも 

その筆法もってすれば
佐々木君!蚊っくらいで
何騒いでおるんじゃ
てなもんすかね

まっ艱難辛苦
ご苦労足らずの
おぼっちゃま から
さっぱり進歩しておらん
てな事でしょうか

さて
二週間おっただけで
もう生活の感覚
大いに変わり候

美味しいお漬物は
自分で作れるし
後は玄米炊くだけ
スーパー行っても
「無くてもええか?」
これっすね

一日3食を
あーでもないこーでもねー
って一日一食へ改新
これだけでも
行動の自由度かなり増した
そー感じてましたが

その一食も
玄米ご飯&手作りお漬物で
事足りる大満足
そー改新でければ
行動の自由度、
それはさらに増す事 
明らかなりけり っすね

以前、古紙業界の
ちょうど一回り年上の
大先輩大親分と一献のおり
佐々木君はプライド
高いよねー 
いやっ普通の意味での
プライドじゃなくてね っ
って
小ばかにしてるよーな
敬意を含んでるよーな
味なお言葉 
頂き候でしたが

ほんま
この年になっても
気分は18歳! ???

行動の自由度増やすため
日夜研究精進
よーやるはっ! っすね

もともと
アウトドア系じゃないし
山登り・マリンスポーツ
も はっ~っ てな乗り

それが何の巡り合わせか
ここは、モルジブかタヒチか
てな透明さ極まれる
海辺にお住まい

確かに実見致すに
これらに引き寄せられし
こころ
分かるな~ っすね

でっ
ご本人私はどーかっちゅーと
さらに
行動の自由度増やすため
日夜研究精進の日々

佐々木ちゃん
さらに何処へ行くんかい?
です

そーあの世への備えすね
あの世とやらで
そこで不自由せんよー
今っ!せにゃならん

Fu~ n てなもんすが

不生不滅なる
私達の心魂その中核は
生まれてもいなし
生まれてないわけだから
しす事もない
その不生不滅なる心魂が
肉体を纏ったり
あるいは肉体を所持
しなかったり

なんで
輪廻転生なんて
ホラ話じゃ ←これは
ある意味でそーなんかもすね

生まれかわりしにかわり
いや生まれる前から
あった・おった
んだから
生まれかわりしにかわり
する って話しは
へんな事言ってる
そりゃそーだ すね
只、肉体・身体ん中
おる時を標準とすれば
輪廻転生 てな見方も
あながち否定しええず
そんな認識 出てきた事も
頷けますですね

ただ、実相は不生不滅
我々は永遠と生死という有限を
同時に生きちょる

こりゃ
私の勝手思い込みに
あらへんで
真面目に粘り強く
先人達の残せしメッセージ
冷徹にひも解けば
皆、その認識で合致致し候です


行動の自由度増やすため
日夜研究精進の日々

身体を所持せん時
我々は確かに自由度
増すでしょうが

こんどは如何せん
心魂オンリーで立って
行かにゃーならん
食っていかにゃーー
てな肉体の束縛規制からは
解放されても
今度は心魂が
その心魂のありよー
そのものの中に
こんどは幽閉されちゃう

ダンテはんが
その作品「神曲」ん中で
「煉獄(れんごく)」
と仮名ふった
心魂のありよーすね

ほんじゃそこで
自由! とはいかずとも
なんなんだー に
ならぬためには
どーすっか

どーすっか って
キリストを携えて行かんしょ
すね
お釈迦様を携えて行けばええ

これが先人達の遺言遺産すね

キリストを携えて・・って
あんさん! わたしゃ
キリストはんにお会いした事
ごがいませんし
お釈迦様もよー知らんすよ

てなもんすが
キリストとは仮の名で
その実体は「私」すね

自分が自分に対し
わたし と認識の光を向ける
その時
自分にキリストが宿っちょる

薄氷の上、歩むが如し
こんな↑ お遊びして
なんが楽しいんかい
アホなこっちゃ
てなもんすが

身体の神経
内へ キュッ って
締める感覚
これは恐怖を感じる時も
ほーだし
畏敬の念 尊敬敬意の時も
私達は
内へ キュッ って締まるすね

これが↑ 「私」の感覚
キリストにアクセスした
あるいは
キリストを内に宿せし時んの
身体感覚すか

これは神仏を向こうに見て
敬い あるいはお金で買収して
なんか都合のええよー
神様こきつかおー
てな信仰のありよーとは
まったく異質なもんすね

地味で非常に微妙な感覚すね
これで
キリストを携えて
それになっちょるんかい?
大いに疑念湧く
微妙なる一線です

まっ「私」
だれでも自分が自分で
自分に対し 真摯に
「私」と認識の光
発する事でけるんすから
こりゃ
キリスト様お釈迦様
恨んでみても
始まらず すね
機能は既に組み込まれちょる

只 みんな真面目に
取説読まんもんだから
そんな機能あるんかい?

てなよくあるお話し
なんすかね 。







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

61歳です。

仙台にお越しの折は
ペットボトルのお茶なら
お出し出来るでしょうから
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/










.

最新記事