FC2ブログ

記事一覧

photo-117.jpg





お疲れ様ですっ!

さてっ前稿の続きでした

この身体を「 家 」にする
プロジェクト

家って?なんすかねー?
です

くつろぎのんびりできるトコ
かしら?

出家って言葉があります

えっ?そんなええトコ出て
何処行くっちゅーーんすか
です

これはアレっすか
家を否定してるんじゃなく
自らを家とせーっ つー励まし
エールすか

自らを家とし
自らで完結できれば
それらが再度集まれば
他に依存せん他に干渉せん
他を尊ぶ事できる
強靭なる新たな家
再構築できまっせ!
つーエールでしょうか


そーいや
家ん中で一番ばかでかいのは
国家すか

家族っちゅう家が消えても
どっか国土にお住まい以上
国家からは離れられず、すね

ほんじゃーその国家の力の源泉って
なんなんでしょう?


武力?法律?民族霊?


この身体を「 家 」にしよー
なんて思考巡らしますと
国家の力の源泉って
この身体を「 家 」にしよー
って発想になんなけりゃ
当然お外に家をつくろー
てな発想しか道なしで

こりゃ
国家の力の源泉って
武力・法律あるいは権力行使する側に
その力があるんじゃなく

国家を構成する国民
一人一人ん中にある「家意識」
それが権力を裏で支えてる

そんな風にも思えてきますね


道元禅師の教えはシンプルで
御釈迦様成道のお姿
そー坐禅が
その教えの全貌であり
それ以上でも以下でもない
これに尽きると

これは坐禅と言うから
???なんであって
身体で水平垂直とって
身体を家にしよーつこっすね

だからっちゅーて
国家や家庭・グループ
否定してんじゃなく

それなしでもやってける
つーか 「もといえ」を持っちょると
元家(もといえ)は持ち歩いていると

人類皆兄弟じゃなかった
人類皆全員
この身体を元家(もといえ)となす事
でければ
いずれ国家も消滅すんでしょが

まっこの時代の推移からは
国家なしではやってけない
基本スキームを身体の外に求める
このはやり国家は
ここ数千年は続きましょか すね

800年前ご提案の
自らの身体を国土・国家とせーつ
道元禅師の基本スキームは
来るべき8千年後の
基本スキームすかね

まっ佐々木君は流行には敏感なんで
その兆し読んで
今からはげんでる
わけでありますね!














.
.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

61歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/









.

最新記事