FC2ブログ

記事一覧

20100408_1523988.jpg




お疲れ様ですっ!

さて、ここんとこ話題にせし
顎は、お顔の足腰っ! の件

顎の有り様は 矯正歯科や
整形美容の面からもアプローチありすね
検索致しまするに色々出てきますです

とは言え ゲーテの植物論や
シュタイナー先生の身体論からのアプローチは
検索しても出てこんすね
ほんりゃーほーだ
そりゃアンさんの勝手思い込みちゃうねん?
てなもんすか

それも一理ありかもねっ! っすね
つーのは まったく一般と違う動機から
顎を重要視するに至りけり
だからかな? と


アデノイド顔貌(がんぼう) ???
ふーーn こんな言葉があるんすか
口呼吸の弊害を知らしめる概念ですね

口呼吸が
お顔の変形から免疫力の低下
歯や歯ぐきお口の中すべての健康に
とっても悪影響を及ぼすと
ほーすか です

はいっ!ほんでもって
あちきの方はというと
健康面からその結論に至るでなく
「 普通の感覚を維持するには? 」
その先に鼻呼吸&顎が
頭全体にとっては頭の上部を支える
その足腰であーる

その結論に至れりすか

ほぼ同じようですが
健康面からのアプローチには非ず

頭上部、そー目や鼻・耳など
「今ここ」を構築してる三次元空間情報?
その生情報?一次情報?
その重要センサーが頭上部に集中しちょる

そこがずれてたり、圧・負荷がかかってたり
ほんじゃーー
思考や判断以前の問題に
なっちゃわないすか? と

ただこのまさに
この思考アプローチが
もしぴんとこられないとしたら
それはあれっすね私の方が説明不足で
そー私が想定致しておるのは
いいにしろわりーにしろ
普通じゃない場面
それを想定して思考を進めてる

どんな状況でんも
動揺せんで最善を尽くす?
あるいはどんな状況でも
やさしさ心配り忘れない とか

それって精神論や
その方のキャラご人格じゃなく
なんつー事ない
感覚器官がぶれてるだけじゃないの?
です

はいっ! つーこって
これは暇人のご探求ではありますが
お仕事なされし方々 あるいは
スポーツ競技なされし方々
これから不条理な世界へ乗り出そうという
学生の方々 皆様にとって
ご研究の価値!ありはすまいかと

苦労や不条理
いくら経験しても疲れるだけ
いやっそれだけならええすが
病んじゃいますです ほんま

で 頭上部
そー重要感覚器官十分保持できれば
どこまでもぶれないし また
冷静な受け答えもできるでしょうし
ほんまどーしよーもないなら
変更・撤収も躊躇せず決断でける
それを感情からでなく
冷徹な認識からできよーもんだと

能力も根性も、
いやっ判断すら当てにならん
大事なるは
正常な感覚ほれを保持する事
ほれが大事あるねっ!

じゃねすかね? でした 。













.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

61歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/




























.

最新記事