FC2ブログ

記事一覧

c-01ce5.jpg




お疲れ様ですっ!

さて ここしばらく探求せし
「 舌と顎 」
まとめてみたいと思います。


思考スキームは
ルドルフ・シュタイナー先生の
頭は全身から見れば頭だけど
頭としても一つの全体をなしている
頭における足腰それは顎である

次に意味付けは
感覚器官が集中する頭上部
そこが不安定では世界?がぶれるは必然
それを支えしは頭の下部=顎 ではないかと

感覚器官安定せしめるため
頭下部、そこをいかに安定せしめるか
そこで、顎をどーいかすか

顎は頭に対しその足腰
その足腰で正坐?坐禅?あぐら?
いずれにせよだらしなく足を組むでなく
まず足の威儀を正そーかと


舌は上の「あぎと」にかけて
これは道元禅師・普勧坐禅儀(ふかんざぜんぎ)
の中の一節
あぎとは、上・裏歯ぐきのことでしょうか
舌はそこに付けましょうと
わざわざ述べられています

はい、顎の足組?ですが
舌がまず決まります つぎに歯はと言うと
噛み合わせるわけですが
まっどー考えても 歯っくいしばって
なわけないんで かるーく でしょうか

で 演劇指導じゃないですが
どんなイメージで顎の表情をつくるか?

まっ順当なところは
すごい尊敬する方とご一緒させて頂き
正坐して威儀を正し、しかも
お会いできて本当に素晴らしい と言う
朗らかさ持った
きっちりとほわっと、両方内包する
そんな正坐、足の組方すか

それを顎で表す

これは実際実験してみますに
なんか「 破顔微笑 」 って感じになりますね

お釈迦様、一輪の花 手に持てし
迦葉尊者(かしょうそんじゃ)
破顔微笑せり の故事すね

まっそれはともかく
仕事であれ 競技スポーツとかなされし方も
実力とか運とかタイミングとか
それ以前の問題として
頭部上部に多くある感覚器官がぶれたら
ほんりゃー実力を発揮する運に乗る
それ以前に自滅しちゃいます

感覚器官はセンサー?計器類?
あるいはディスプレイ
携帯でもディスプレイいかれたら
どーしよーもごじゃいません
でしょうか

「 舌と顎 」
これはどーでもええ話しじゃなく
現状を、どーにかすんには
とってもええお話し
とっ思うわけです 。






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

61歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/




























.

最新記事