FC2ブログ

記事一覧

2016010800001.png


おはようございますっ!

1月8日 金曜日
如何朝お迎えの事でしたでしょうか

小寒も過ぎ、「寒の内」
全国的にも冬らしい寒さ到来ですね

襟巻とか一杯なされ
ぽっかぽかになされて下され っすね
首もとのあったかさは
手足指先のあったかさのスイッチ
そーなってるとの由
そーっリンクが貼られてるって事みたいですね
指先の冷たさは首もと温めれば解除できると

手足指先は血流の折り返し場所
そこがあったかスムーズですと
当然血流は順調に流れます




311から5年
正しい現状認識はこうです

1.「ホ」と共に歩んだ5年間
  少量のダメージが累積蓄積し
  それを修復回復する免役力が
  限界に近づいている

2.その最後の修復力(抵抗力)が
  風邪みたいなささいな病気でも
  もう次の修復力が残ってないので
  次のダメージがささやかなものでも
  あっけなく終わってしまう

3.まずいと病院へ行くが
  薬を処方すれば治りますが
  それまで全身全霊ぎりぎりで
  戦って来た免疫系は臨戦態勢を解除
  次のダメージで なんでっていう
  くらいあっけなくいってしまう

これが2016年の正しい現状認識ですね

& 病院は健康な時に行くとこで
ほんとうにまずい時は近づいちゃいけない
とは思えない

例えばある家族が夫婦であれ親子であれ
バラバラになろうとしてる時
そのメンバーがその中で真摯に向き合い
ぎりぎりの精神力でその関係を再構築
して行くしかない


仮に仮にですその時
外部の人間を入れて それはあーです
これはこーです まずこーしましょー
ってつくろったって
次のトラブルであっけなく霧散してしまう
もう真摯に向き合う気が
失せてるわけですから


さて免疫系と言うと何か細菌やばい菌を
パクパク食べて除去してくれるもん
そんなイメージですが
実は普段「食べ物」分解に従事してる

これは人の身体から見れば
細菌やばい菌もガン細胞も
身体の老廃棄細胞も「食べ物」も皆
身体にとって異物だからですね
とうぜん「ホ」でダメージ受けた細胞も
その除去する異物のひとつで
真新しいもんじゃない


鉄や紙のリサイクルみたいなもんで
もう一度、灼熱の溶鉱炉に戻せば
また、まっさらな鉄としてよみがえる
そのボロ鉄も異物じゃなく資源となるわけです

食べ物もそれが即
身体を構築する素材となるんじゃなく
一度溶鉱炉に入り改変可能な
そーシンプルな素材まで戻すわけですね

その溶鉱炉の任にあたるが免疫系
すなわち血液の中の白血球
そん中の マクロファージ等
呑食細胞と呼ばれてる一群だと



一日3食、食べてる方
一日2食、食べてる方
一日1食、食べてる方
二日に1食、食べてる方
どーあれ皆様それだけの異物を
人間の身体という新たな構造物創る
素材まで「溶鉱炉」できる
すなわち免疫刷新できるわけですから
一日1食分 「ホ」でダメージ受けた
細胞でてきても
それを呑食溶解し資源栄養に変えちゃう
能力はお持ちだと言う事です



とはいえ免疫系呑食細胞にもキャパ
ありますから
あれもこれもじゃ手が回らない
病気になると食欲がなくなるのは
そのためですね
また病気になって栄養とらなくても
死なないのはダメージ受けた細胞
それがそのまま身体ん中あると
たいへんな事になっちゃう細胞でも
それを呑食して 
それを毒から栄養に変換してしまう
毒をカロリーに戻すわけです


はいっ!
2016正しい現状認識その➁はこうです

1.もう免疫系は処理能力の限界に来ている
  という最悪の状況を想定する
  ( 理解不能でも危機管理ですね )

2.病院へ行っても行かなくてもアウト
  だから行かない
  むしろ行けばアウトは確定

3.自分の免役力を信じる
  免役力を最大限ひきだす

以上ですね。

免役力を最大限ひきだす
免疫力は血液の中におられますから
血流が滞りなく回るが大事
そーそんための襟巻ですね

あーあ 「ホ」のお蔭で
身体がこんなっなっちゃった
とも言えますが
私達の身体ん中には そんなボロ細胞も
栄養にしちゃうとんでもない溶鉱炉
そー免疫系つーとんでもないシステム
かくれ持ってるわけですから

まっこの時代に生まれた以上
しょーがなかんべ って
身体調子悪くなっても
好きな音楽や大事な本でも読みながら
家でゆっくりあったか寝てるのが
ええでがすねと

まっそのまま命尽きればそれが寿命でしたと
さわやかに行きたいもんすね。












.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

61歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/






















.

最新記事