FC2ブログ

記事一覧

We stand outside the skeleton.



何故、坐禅は継続出来るのか? (3)




2022年11月25日00004






骨は、身体の中で最も固いものでしょうか
柔らかいものから、凝固過程を経て、固いものが出来たと想像されます
Bones are probably the hardest thing in the body
It is imagined that from the soft one, through the coagulation process,
a hard one was formed!

頭で天を衝き、腰を大地に埋める
骨格の上限下限が明らかになります
私達は骨格の外側に立ちます
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth
The upper and lower limits of the skeleton are revealed
We stand outside the skeleton.

私達が骨格の外側に立つ時、骨格はフリーになります
凝固の方向から氷解解放の方向へ、向きが転じると言えます
When we stand outside the skeleton, the skeleton becomes free.
It can be said that the direction turns from solidification to ice-freeing







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催



かつて馬祖 baso の会 e に参じてとふ
「 如何是仏 nyoga-zebutu 」と
馬祖いはく
「 即心是仏 sokusin-zebutu 」と
法常このことばをききて
言下大悟 gonka-taigo す




法常禅師 Ho-zyo zenzi が
馬祖 baso 禅師の坐禅道場で
静かにお坐りになられてる
傍目にそのお姿は、静止してて
水面静まりけり、死人のように見えます
その死んだ水面に、天地が語りかけます
陽光星辰は一瞬も滞らず、その歌を奏でます

法常禅師はある時
馬祖禅師にご質問なされた
「 仏とは、どのようなものですか 」

馬祖禅師が答えます
「 坐禅においては、心が仏となります 」






宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )










.

最新記事

カテゴリ