FC2ブログ

記事一覧

The range of motion is clarified by "holding" and "flying".




「 閉じている 」 ということ ( 3 )


2022年10月31日00002





感情・意志・思考
これらは目で見て触ることが出来る身体と
その在り様が明らかに違います

Emotion, Will, Thought
These are clearly different
  from the body that can be seen and touched.

しかし日常はどうでしょう
感情も意志も思考も身体も、皆混ざり合ってる

But what about everyday life?
Emotions, will, thoughts, and body are all mixed together.

この中から、身体のみを感じ取ることは普段ありません

We usually do not feel only the body from these.

美味しいものを食べた時、歯が痛いとき
身体を実感してると言えないですか ?
こう問うことは出来ます

When we eat good food, when our teeth hurt
I guess you could say I'm really feeling my body.
We can ask this question

確かにそうも言えますが
そこには好感や反感が混ざり合ってます

We could certainly say that. but
We could say that there is a mixture of good feelings and antipathy there.

両腿の付け根の押さえ
肩甲骨の勇猛果敢な飛翔
静かに坐して実際行ってみると、どうでしょう

Holding of the base of both thighs
Brave flight of the shoulder blades
What would happen if we sat quietly and actually did this!




2022年10月30日00010





「 固定化 」 と 「 飛翔 」により可動範囲が明確になります
身体を通して 「 私はここにある 」 と言う感覚に出会います

The range of motion is clarified by "holding" and "flying".
Through the body, we encounter the feeling of "I am here.







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ