FC2ブログ

記事一覧

Make the line invisible




正法眼蔵 辨道話( 163)


2022061572800009.png


身体で、直角三角形を描く
身体の中に、幾何学をイメージする
Draw right-angled triangles with your body
Imagine geometry in your body

同時に、この三角形は目には見えません
何故って、その三辺は直線だから
At the same time, this triangle is invisible to the eye
because its three sides are straight lines.

線には、太さがないので見えるわけがありません
何かマジックのような、煙に巻かれたようなお話しです
The line has no thickness, so how can you see it?
It's like some kind of magic, a story in smoke.

身体を使う芸術、能・狂言・歌舞伎とか
Arts that use the body, such as Noh, Kyogen, and Kabuki.
それぞれ、その芸能を特徴づける身体の使い方があるはずです
Each should have its own way of using the body
that characterizes its performing art!

明確な意識で、その型を実行してるはずです
でも、それが程よい感じにおさまってる
明確に線を描きながら
同時にその線を見えないものとしているのでしょうか
He is supposed to be executing that pattern with clear awareness.
But it's all settled in just right.
He is drawing a clear line
And at the same time, he is making that line invisible.


もしそうならば、あらゆる日常の動作において
私達は、明確なラインに沿って身体を使った方がいいし
同時にそのラインを、見えないもとするのがいいのかも知れません
If so, in every daily movement
we should use our bodies along a clear line, and
and at the same time, it may be a good idea to make that line invisible.








.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ