FC2ブログ

記事一覧

視線を眼の中に留める






2022042072800002.png






正法眼蔵 辨道話( 97)


仏祖しきりに
修行のゆるく すべからざる
とをしふ




身体の輪郭線から外に出ない
Not outside the contours of the body.
そのためには
To do so, we need to
視線を眼の中に留める必要があります
We need to keep our gaze within our eyes.

これって、どんな感じになるでしょう
What would this look like?
目の前に、そうしてる人がいたとします
Suppose you see someone doing that right in front of you.

目は開いてますので、ちゃんとあなたを見てます
His eyes are open, so he's looking right at you.
無視してるわけではありません
He's not ignoring you.
ちゃんと受け止めています
He's taking it well.
感想を返して来る事はありません
They never return thoughts.
でも、ちゃんと受け止めています
but He's taking it well.
普段そういう方に会う機会は、少ないかもしれません
You may not have the opportunity to meet such people on a regular basis.




















コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


読み上げ(read aloud)はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ