FC2ブログ

記事一覧

みなかくのごとし






2022041072800001.png






正法眼蔵 辨道話( 86)

ここをもて
[ このように推移して来ました
This is how it has been.

釈迦 sya-ka 如来 nyo-rai、迦葉 ka-syo 尊者 son-zya
[ 釈尊、そして迦葉尊者
Sakyamuni、Saint Daikasho

ともに証上の修に受用せられ
[ お二人とも、坐禅をなされた
 These two people did zazen

達磨大師、大鑑 dai-kan 高祖 ko-so
おなじく証上の修に引転 in-den せらる
[ 達磨大師、大鑑高祖も同じく、坐禅をなされた
The same is true of the great masters Daruma and Taikan Kosu.
These two also did zazen!

仏法住持のあと、みなかくのごとし
[ このように、仏の教えの真髄を受けることと
 坐禅を組むことはイコールだったのです
in this way To receive the essence of the Buddha's teachings
and to do zazen were equal

[ 何故そうなったのでしょう
How did this happen?

[ 身体の大きさは決まっています
Body size is fixed.
[ その中で、こうするわけです
So here's what we do in that context.

[ 頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

[ 風船の中の空気が、その内壁を押すようなものです
It's like the air inside a balloon pushing against its inner walls!

[ 風船は見えますが、形成の元である空気は見えません
We can see the balloon, but not the air from which it is formed

[ 坐禅の姿は見えますが、その主催者は見えません
We can see the zazen, but not its organizer

[ 坐禅をしているのは、目に見えない新たな自分です
It's the invisible new me doing zazen.

[ 何処が新しいのでしょう
Where is this self new?

[ 身体の中に住居しないので、新しい生き方と言えます
It is a new way of life because it does not dwell in the body

[ 身体の中ではなく、その輪郭線上に生きてる
Not in the body, but living on its contours.





















..

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ