FC2ブログ

記事一覧

行 持  下 「 為衆 i-syu 伝道 」




正法眼蔵 行 持  下
「 為衆 i-syu 伝道 」


先師よのつねに普説す
われ十九載 sai よりこのかた
あまねく諸方の叢林 so-rin をふるに
為人師 i-nin-si なし
十九歳よりこのかた、一日一夜も
不礙蒲団 huge-huton の日夜あらず

 ( 如浄禅師は述べられました
 ( 十九歳の時から
 ( 諸方の禅道場へ参りましたが
 ( 師と言うべき人はおられませんでした
 ( そして、十九歳から今まで
 ( 坐禅をしない日はありません
 ( 坐禅を師としたのです


20210327SS00003.png


某甲 sore-gasi 未住院よりこのかた
郷人とものがたりせず
光陰 ko-in をしきによりてなり
掛錫 ka-syaku の処在にあり
庵裏寮舎 an-ri ryo-sya
すべていりてみることなし
いはんや游山翫水 yu-san gan-sui に
功夫 ku-hu をつゐやさんや

 ( 私は寺院に住持する前から
 ( 村人との会話も避けました
 ( 坐禅をする時間を大事にしたのです
 ( 道場に居た時は
 ( 他の僧の部屋を
 ( 訪ねることもありませんでした
 ( まして山水をめでることもしませんでした

20210327SS00005.png



雲堂公界の坐禅のほか
あるいは閣上、あるいは屏処 hei-syo をもとめて
独子ゆきて穏便のところに坐禅す
つねに袖裏 syu-ri に
蒲団をたづさえて
あるいは巌下にも坐禅す

 ( 僧堂での坐禅の他
 ( 楼閣の上や物陰を求め
 ( 独り適当な場所を求め
 ( 坐禅をなしたのです
 ( いつも袂には坐禅の蒲団を携え
 ( ある時は岩上にて坐禅をしたのです

20210327SS00006.png



つねにおもひき
金剛座を坐破 za-ha せんと
これもとむる所期 syo-go なり
臀肉の爛壊 ran-e するときどきもありき
このときいよいよ坐禅をこのむ

 ( いつも思っていたのは
 ( 釈尊が金剛座に坐すお姿です
 ( それが私の望みでした
 ( お尻が鬱血してしまう事もありましたが
 ( ますます坐禅に励んだのです


20210327SS00007.png


某甲今年六十五載
老骨頭懶 to-ran 不会坐禅なれども
十方兄弟をあはれむによりて
住持山門、暁諭 gyo-yu 方来
為衆 i-syu 伝道なり
諸方長老、那裏 na-ri に
什麽 so-mo の仏法か有らん、なるゆゑに

 ( 私は今六十五歳になり
 ( 頭も坐禅もおぼつかなくなりましたが
 ( 道を求める兄弟たちを哀れに思うので
 ( 道場に住持し、四方から来る人々を諭し
 ( 坐禅仏道を伝えているのです
 ( 諸方の長老たちの所にはもう
 ( 坐禅仏道が無くなってしまったからです


20210327SS00004.png


かくのごとく上堂 zyo-do し
かくのごとく普説するなり
又、諸方の雲水の人事の産をうけず

 ( このように如浄禅師は述べ
 ( 修行僧を諭しました
 ( また、訪れる修行僧からの
 ( 手土産などを受け取りませんでした








.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

62歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 


----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )





正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/









.

最新記事

カテゴリ