FC2ブログ

記事一覧

行 持  下 「 すてざるはなし 」




正法眼蔵 行 持  下
「 すてざるはなし 」


おもからざる吾我を
むさぼり愛するは
禽獣もそのおもひあり
畜生もそのこころあり
名利をすつることは
人天もまれなりとするところ
仏祖いまだすてざるはなし



20210301SS00004.png


 ( 最重要とは言えない
 ( 「 有限なる自分 」
 ( それを愛することは
 ( 禽獣畜生にもあります
 ( 人間界や天上界でも
 ( 生死の対立や相対的評価から
 ( 離脱することは稀です
 ( 仏祖は面壁坐禅すなわち
 ( 静かに身体造形をすることで
 ( 身体と距離を置きます
 ( 身体と距離を置ければ
 ( 生老病死や他からの評価は
 ( 絶対性を失います

 ( 身体に造形を送り込む事で
 ( 身体の有限性と
 ( 主である 「 私 」 の永遠が分離します
 ( 有限と永遠が分離して初めて
 ( 二つは、共存出来る とも言えます




.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

62歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 


----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )





正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/









.

最新記事

カテゴリ