FC2ブログ

記事一覧

行 持  下 「 祇薗 gi-on の正儀なり 」




正法眼蔵 行 持  下
「 祇薗 gi-on の正儀なり 」


諸仁者 syo-ninzya
還 kae って古人の偈 ge を見るや

「 山田脱粟 datu-zoku の飯
野菜淡黄の韲 sai
喫せば則 sunawa ち君が喫するに従 maka す
喫せざれば東西するに任 maka す
伏して惟 o-mon みれば
同道 do-do 、各自に努力せよ。珍重 tin-tyo 」

 ( 皆様はこの詩を御存じでしょう
 ( 「 山中の田で取れた玄米
 (   素朴な野菜のあえもの
 (   これで十分足りるかどうか
 (   本人次第です
 (   しみじみ考えれば
 (   めいめい自分で明らめるのです 」


20210131SS00010.png



これすなはち祖宗単伝の骨髄なり
高祖の行持おほしといへども
しばらくこの一枚を挙 ko するなり

 ( これが仏祖方が
 ( 後世へと伝えようとした根幹です
 ( 芙蓉道楷禅師 1042~1118 が
 ( 「 日食粥一杯 」 で
 ( 過不足なく過ごされたのは
 ( その一例です


いまわれらが晩学なる
芙蓉 fu-yo 高祖の芙蓉山に
修練せし行持、したひ参学すべし
それすなはち祇薗 gi-on の正儀なり

 ( 今、後進の私達は
 ( 芙蓉道楷禅師がなされた行持を
 ( 尊び学ぶべきです
 ( それは祇園精舎の在り様だからです








.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催



太陽系を超え
銀河の渦を超えて
それが遠くに見える
そんなところから地球地上を見る
同じ時間同じ空間でも
まるでこの世とあの世くらい
離れてる

そこにいて地球大地に
自らの記念塔を建てる
坐禅という記念塔を建てる

この風景全体
これこそ、「 今 」 だと


宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ