FC2ブログ

記事一覧

做手脚 sa-syu-kyaku 迄 ita らず 2



「 做手脚 sa-syu-kyaku 迄 ita らず 」 2


両股関節が
やさしく押さえられるように
上半身を前傾、軽くお辞儀します
鳩尾が伸ばして上半身を戻します

両脇に三日月をイメージします
( 手で触って場所を確認してみます )


20210129SS00013.png




両股関節のやさしい押さえ感を
脇の下の三日月に CopyPaste します
脇の下の三日月への
やさしい押さえ感が出来たら
それを押さえにして
両肩甲骨の 「内側」 を
背骨方向・-30度上方へ引きます



20210129SS00018.png


20210129SS00017.png





前鋸筋は肩甲骨の内側に
その端を有しています
両肩甲骨の外側ではなく
両肩甲骨の内側・裏面を引きます

「 前鋸筋のストレッチですねッ!」
となるわけですが ・・・
張って戻るの、筋肉反転
その限界点はやはり
1mm 範囲内での調整確認になります
ストレッチと言うより
健康診断の聴覚検査な感じ ?
張って戻るの、筋肉反転
その限界点をキープされると
揺りかご (肋骨) をやさしく包んだ感じに


20210129SS00020.png



肩甲骨の内側を引き上げてますが
前鋸筋の限界反転で
肩甲骨そして肩は逆に斜め下方へ
引き下げられるベクトル(緑ベクトル)を受けます

しかしこの下方ベクトル(緑ベクトル)は
引き上げベクトル(オレンジベクトル)の
とても小さな反転限界点においてはじめて現れます
神妙に前鋸筋に耳を澄ます
神妙に前鋸筋の声を聴く感じとなります

揺りかご (肋骨) をやさしく包む
やさしさと神妙さは、兄弟なんだと分かります







コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


読み上げ(read aloud)はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ