FC2ブログ

記事一覧

行 持  下 「 木馬石牛 」



正法眼蔵 行 持  下
「 木馬石牛 」


又 況 iwanya や
活計 具足 gusoku し
風景 疎ならず
華 笑 e むことを解 ge し
鳥 啼くことを解す
木馬 長 tokosina えに鳴 i-nana き
石牛 seki-gyu 善く走る

 ( まして無欲宝鏡の坐をなせば
 ( 心身に活力が宿り
 ( 何気ない風景も生き返ります
 ( 花は咲き、鳥が鳴いています
 ( 無欲、木の馬は永えにいななき
 ( 無欲、石の牛は元気に走り出します


20210115SS00013.png

達磨禅師の面壁坐禅
壁を前にして坐る
この壁・面が
何も受け取らない無欲な
「 神面 」 だとします
前後左右上下、六面すべて
この 「 神面 」 だとします
坐ってても立ってても
水平な 「 神面 」 が下にあったら
体重荷重感は
まったく違ったものとして
私達に帰って来るでしょう






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

62歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/









.

最新記事