FC2ブログ

記事一覧

行 持  下  「 山中の嶮岨 」



正法眼蔵 行 持  下
 「 山中の嶮岨 」


あはれんべし
正法伝持の嫡祖 teki-so
いくばくか山中の嶮岨 ken-so
にわづらふ
潙山 i-san をつたへきくには
池あり、水あり、こほりかさなり
きりかさなるらん
人物の堪忍 kan-nin すべき
幽棲 yu-sei にあらざれども
仏道と玄奧と、化成することあらたなり


20201220SS00001.png



 ( 潙山禅師は
 ( 険しい山中にあって
 ( 正法の坐を護持されます
 ( 潙山という山は
 ( 池水多く、氷が重なり
 ( 霧が立ち込めるような山です
 ( よいとは、とても言えない
 ( この厳しい場所に
 ( 潙山禅師は
 ( 仏道玄奧を具体化する
 ( 水平・垂直交差の
 ( 坐の十字架を建てられたのです








.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
「 国見坐禅会 」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)


宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

090-7325-5711 佐々木正巳 まで










.

最新記事

カテゴリ