FC2ブログ

記事一覧

行 持  下  「 頭陀 zu-da 」




正法眼蔵 行 持  下
 「 頭陀 zu-da 」

福州 玄沙 gen-sya 宗一大師
法名は師備 shi-bi
福州 閩県 min-ken の人也
姓は謝氏 sya-si なり
幼年より垂釣 shi-tyu をこのむ
小艇 ko-bune を
南台江 nandai-ko にうかめて
もろもろの漁者になれきたる

 ( 福州の玄沙宗一大師
 ( 出家の名を師備
 ( 玄沙師備禅師 「835-908」 は
 ( 福州 閩県 min-ken の方です
 ( 俗姓は謝 sya
 ( 幼年から釣りを好み
 ( 小舟を南台江に浮かべて
 ( 漁師に慣れ親しんでいました


20201207SS00010.png


唐の咸通 kan-tu のはじめ
年甫 nen-po 三十なり
たちまちに出塵 syutu-zin をねがふ
すなはち釣舟をすてて
芙蓉山霊訓禅師に投じて落髪す
予章開元寺
道玄律師に具足戒をうく

 ( 唐の咸通年間の初め
 ( 三十歳になると
 ( 急に出家を願い求めました
 ( そこで釣舟を捨てて
 ( 芙蓉山の霊訓禅師のもとに
 ( 身を寄せて髪を落とし
 ( 予章 開元寺の道玄律師について
 ( 出家の具足戒を受けました


20201207SS00008.png

布衲芒履 hu-no mo-ri なり
食は、わずかに気を接 tu ぐ
常に終日宴坐 en-za す
衆、皆 これを異なりとす

 ( 木綿の衣に、わら草履を履き
 ( 食は、ほんのわずかでした
 ( 終日、坐禅をなされていました
 ( ずば抜けた修行者と
 ( 皆が認めていました


20201207SS00009.png

雪峰義存 se-po gi-son と
もと法門の昆仲 kon-tyu なり
しかも親近sin-gon すること
師資 si-si のごとし
雪峰、その苦行を以て
呼んで頭陀 zu-da と為す

 ( 玄沙師備禅師と
 ( 雪峰義存禅師 「822-908」 は
 ( 同じ門下の弟子兄弟でしたが
 ( 師弟のように親しい仲でした
 ( 雪峰禅師は
 ( 玄沙師備禅師の行を
 ( 「 頭陀 zu-da 」 小欲の行と呼びました


20201207SS00011.png

一日、雪峰問て曰く
「 阿那箇 a-nako か是 kore 備頭陀 bi-zuda 」
師、対 kota へて曰く
「 終 tui に敢 ae て人を誑 tabura かさず 」

 ( ある日、雪峰禅師が問います
 ( 小欲を整えておられるのは、なにゆえですか
 ( 玄沙師備禅師が答えられます
 ( 自身を惑わさない
 ( そう自心を指導しています






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ