FC2ブログ

記事一覧

行 持  下  「 引頸就刃 inkei-syuzin 」





正法眼蔵 行 持  下
 「 引頸就刃 inkei-syuzin 」


人主 nin-syu としては
身命ををしまず
引頸就刃 inkei-syuzin して
身命ををしまざる人物をも
なほ歎慕 tan-bo するなり
これいたづらなるにあらず
光陰ををしみ、行持を専一にするなり


 ( 太宗皇帝は中国において
 ( 稀代の名君です、それゆえ
 ( 神妙に己の首を差し出せる人物が
 ( どのような人であるかを理解します
 ( しかし、禅師は
 ( 無用の争い事をしたわけでなく
 ( 「 大事な時間 」 を惜しんだのです



20201127SS00001.png


 ( 神妙を宗とする
 ( ? です
 ( 四祖 大医道信禅師は
 ( 何に対して、神妙してたのか



20201127SS00002.png

 ( 達磨大師から続く
 ( 面壁坐禅の継承 ?
 ( 師、その上の師に対して
 ( そうは、考えられません
 ( 大医道信禅師のみならず
 ( 祖師方の神妙は
 ( 仏道にも坐禅にも依存していない
 ( これは明らかです



20201127SS00003.png

 ( 伝統のプライドや
 ( 先人に対する敬意
 ( これは大事ですが
 ( それで出来る事ではありません
 ( 幾十年と坐禅したり
 ( 皇帝の招聘を辞退したり



20201127SS00004.png

 ( 自分、通常の自我は
 ( B、C、D の渾然一体を
 ( 「 自分 」 と感じています
 ( 大医道信禅師の自我は
 ( そのように「 自分 」 を構成してない
 ( それは明らかです




20201126SS00026.png




 ( 大医道信禅師は
 ( A の 「 精神・自我 」 を
 ( 心身 ( B・C・D ) の真上から
 ( 垂直に、心身に打ち込んでいます



20201127SS00006.png

 ( 四祖 大医道信禅師は
 ( 何に対して、神妙だったのでしょう
 ( 自分(A)が
 ( 自分( B・C・D ) に打ち込む
 ( 自分(A)に
 ( 神妙だったと言えます



20201127SS00007.png

 ( ここには釈尊も達磨大師も
 ( 二祖慧可大師
 ( 三祖僧璨 so-san 大師も、登場しません
 ( どこまでも、自分(A)が
 ( 自分( B・C・D ) に
 ( 自分(A)を打ち込むです
 ( それゆえ、四祖たりえたと言えます







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ