FC2ブログ

記事一覧

行 持  下  「 古尚若此 」




正法眼蔵 行 持  下
 「 古尚若此 」

かくのごとくおもふに
志気、いよいよ励志 rei-si あり
いまいふ古尚若此 kosyo-nyaku-si
我又何人を、晩進も
わすれざるべきなり
しばらくこれをわするるとき
永劫の沈溺あるなり

 ( そのように考えると
 ( 慧可大師の志は、また蘇ります
 ( 今言うところの
 ( 「 昔の人は、これに耐えられた 」
 ( 私達も後進の方々も
 ( これを忘れてはいけません
 ( 忘れれば、永劫に浮かばれません



20201029SS00001.png
 ( 自分の因果で
 ( 運命の試練を受ける
 ( 経緯は不明でも致し方なし
 ( かも知れません



20201029SS00002.png
 ( 三年間
 ( イエスの身体に下ったキリストは
 ( 人の因果がないのに
 ( 人の身体の中で
 ( いわれなき苦しみを受けます
 ( 神々が経験する事のない
 ( 人特有の苦しみを
 ( 神ゆえ避けえたにもかかわらず
 ( それを受容なされます



20201029SS00003.png
 ( 飢えた虎に身を供養する
 ( まったくばかげた話しで
 ( そんなおとぎ話に何の意味が
 ( あるのでしょうか



20201029SS00004.png
 ( 「 昔の人は、これに耐えられた 」
 ( 昔の人は、不合理の苦しみ
 ( いわれなき死をどんと受け入れられた
 ( 起きてから就寝するまで
 ( 起きてる間四六時中
 ( これを忘れなかったら ・・・
 ( その一日はどんな一日になるでしょう



20201029SS00005.png
 ( 日常の苦しみは
 ( 十字架にかけられたとか
 ( 凍夜に立って朝を待つとか
 ( そんなドラマチックじゃないです
 ( もやもや、むにゃむにゃ
 ( 微妙な事が消えずに
 ( 少しずつ私達を苦しめます



20201029SS00006.png
 ( いつでもどこでも即
 ( 「 古人は、その苦しみに耐えられた 」
 ( そこに帰れたらどうでしょう
 ( 日常の気になる事は
 ( 確かに、konoyaro- ですが
 ( 古人が遭遇した場面に比べれば
 ( インスタばえしないなぁ、です



20201029SS00007.png
 ( 達磨大師を
 ( 二祖慧可大師を
 ( 道元禅師がお慕いなされる
 ( その意味が分かるような気がします
 ( キリスト・イエスのなされた事が
 ( 人類に多大な貢献を続けてるのも
 ( ここから察する事が出来るような
 ( 感じがします



20201029SS00008.png
 ( 日常のぜんぜん
 ( ドラマチックじゃない
 ( もやもや、むにゃむにゃな
 ( 微妙な粘り強い苦しみ
 ( これって些細な事に関連してるけど
 ( 確かに本の帯みたいだけど
 ( その本の内容って
 ( インスタばえ過ぎる直視出来ないような
 ( ドラマチックなものが背景にある
 ( のかも知れません



20201029SS00009.png
 ( ぜんぜんドラマチックじゃない
 ( 日常の障害ですが
 ( おとぎ話しのような古人の行持
 ( それを 「わすれざるべきなり」
 ( それぐらいの勢いで行かなければ
 ( 「 永劫の沈溺あるなり 」
 ( 浮かばれない、ようになってる



20201029SS00010.png
 ( でも、古人が
 ( そこに一人立ちえた
 ( という見本を示されたので
 ( それを忘れなければ
 ( それが「 守道神 」 となり
 ( 私達をその罠から救って下さる
 ( 私達が古人の行持に
 ( 思いをはせる時
 ( あるいは、十字架上のキリストに
 ( 思いをはせる時
 ( 私達はその圧倒的別格なる
 ( その強い精神とつながるから
 ( でしょうか





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ