FC2ブログ

記事一覧

行 持  下  「 深山高峰の冬夜 」




正法眼蔵 行 持  下
 「 深山高峰の冬夜 」

このとき窮臈寒天
kyu-ro-kan-ten なり
十二月初九夜といふ
天大雨雪ならずとも
深山高峰の冬夜は
おもひやるに人物の
窓前に立地すべきにあらず
竹節なほ破す、おそれつべき時候なり


 ( 二祖慧可大師が
 ( 達磨大師を訪ねられたのは
 ( 年の瀬、十二月九日の夜でした
 ( 深山高峰の冬夜、外にはいられません
 ( 寒さが竹の節が割る
 ( 厳しい時節です

しかあるに、大雪匝地 daisetu-soti
埋山沈峰なり、破雪して道をもとむ
いくばくの嶮難 ken-nan なりとかせん

 ( その日は一面の雪景色でした
 ( 雪が山を埋め、峰を隠しています
 ( 雪をかき分けかき分け進んで行きます
 ( その難儀、いくばくであったか

つゐに祖室にとづくといへども
入室ゆるされず
顧眄 komen せざるがごとし
この夜、ねぶらず、坐せず
やすむことなし
堅立不動にしてあくるをまつに
夜雪なさけなきがごとし

 ( 困難のすえ、少林寺へ至ります
 ( しかし達磨大師は面会を許さず
 ( 顧みることすら、なされません
 ( 慧可大師はこの夜
 ( 眠らず、坐らず、休まず
 ( 堅固に立ち夜明けを待ちます
 ( 情け容赦なく、夜雪が舞ってます



20201027SS00001.png
 ( 二祖慧可大師は
 ( 神鬼ともに慕い
 ( 道俗みな尊重せし高徳の方です
 ( そのような方が、守道神に導かれ
 ( 達磨大師に会うため少林寺へ赴きます
 ( しかし、面会は許されません
 ( 夜の雪の中に立っています
 ( 夜明けを待っています



20201027SS00002.png
 ( 暖炉の間に通され
 ( 香茶菓子を振舞われ
 ( 楽しく歓談の時間を過ごされた
 ( 丁重に準備された寝室で
 ( ゆっくりお休みになられた ・・
 ( とは、なりませんでした



20201027SS00003.png
 ( もともと
 ( 達磨大師は
 ( なにゆえ中国へ
 ( 参られたのでしょう
 ( 「 救迷情 」 迷情を救う
 ( その具体的方法の
 ( 面壁坐禅の法を伝えるためです



20201027SS00004.png
 ( 迷情とはなんでしょうか
 ( 私達の心魂に生き続ける
 ( 成仏する事が出来ない
 ( ピリオドを打てない
 ( 見捨てられた記憶表象です



20201027SS00005.png
 ( 二祖慧可大師は
 ( 少林寺に至り、その夜は
 ( 「 夜雪なさけなきがごとし 」 
 ( その中に一人立たれ
 ( 夜明けをお待ちになられます
 ( これは、物語りの順序が
 ( 逆になってるよう思われます
 


20201027SS00006.png
 ( 面壁坐禅の法
 ( これを受け継ぐ祖師方
 ( 氷の世界・迷情に対峙し
 ( それを温めなされます
 ( その任務を遂行なされます
 ( 極海を進む砕氷船のようです



20201027SS00007.png
 ( その後、達磨大師から
 ( 二祖慧可大師が継承なされたもの
 ( それは、どのような行持でしょうか
 ( 十二月九日の夜
 ( 「 夜雪なさけ無きが如し 」
 ( その真夜中にあって
 ( 一人立ち、夜明けを待つ
 ( これこそが、継いで伝えた
 ( 面壁坐禅、その内容だったと思われます



20201027SS00008.png

 ( 悟りを開いて
 ( 穏やか幸せに暮された
 ( ・・・ とはなされてません
 ( 地獄、氷の世界に対し
 ( 面壁坐禅その一刀をもって戦われた




.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ