FC2ブログ

記事一覧

行 持  下  「 麦をうけ蕨をとる 」




正法眼蔵 行 持  下
 「 麦をうけ蕨をとる 」

麦をうけ蕨 warabi をとるは
道俗の勝躅 sho-tyoku なり
血をもとめ乳をもとめて
鬼畜にならはざるべし
ただまさに行持なる一日は
諸仏の行履なり

 ( 釈尊と弟子方は、コーサラ国の西
 ( ベーランジャーに赴かれた時
 ( 食するものがなく、馬師が供養された
 ( 馬に与える麦を食されました
 ( 中国は殷代、孤竹国に
 ( 伯夷 hakui と叔斉 syuku-sei と言う
 ( 国の王子の兄弟がおられた
 ( ある経緯から、義を重んじて世間を離れ
 ( 深山に居し山菜を食べて暮らしました
 ( これらの故事は、出家俗人を問わず
 ( 私達が見習うべきお手本です
 ( 食によって
 ( 鬼にくみする事は愚かな事なのです
 ( 食より大事なもの
 ( 正法眼蔵の面壁坐禅を標準として
 ( 一日を組み立てて行く
 ( これを第一義とするのです



20201023SS00001.png
 ( 粗食や一日一食
 ( これが案外健全な身体をつくってく
 ( 近年の免疫学の発展から
 ( 食の問題は、精神論から
 ( 事実認識の問題になってます



20201023SS00002.png
 ( 健康体においても一日に
 ( 数千から数万のガン細胞が生まれてる
 ( そう言われています
 ( それは生体にとって異物なので
 ( 血液中の白血球、その中の
 ( マクロファージ等の免疫系
 ( それをちゃっかり食べちゃいます



20201023SS00003.png
 ( 免疫系が食する異物は
 ( ガン細胞の他、
 ( 細菌、ウイルス、死んだ細胞とか
 ( ここで問題は、「食べもの」 です
 ( 豆大福は、毒ではないけど
 ( 身体にとっては異物です !
 ( ??? なお話しです



20201023SS00004.png
 ( 例えば木造住宅
 ( 木材でつくられます
 ( では山に自生する樹木が
 ( 即、木材かと言うと
 ( 伐採、裁断、乾燥、運搬加工って
 ( 多くの手間が投入されてます
 ( 分業なので直接見えないけど
 ( 多くの仕事が投入されてるはずです
 


20201023SS00005.png
 ( マクロファージ等の免疫系は
 ( ガン細胞や、細菌・ウイルスとか
 ( 身体に都合の悪いもの食してくれますが
 ( 免疫系が弱くなれば
 ( それらを排除出来ません
 ( 一日一食と一日三食
 ( どちらが免疫系が強いでしょうか




20201023SS00006.png
 ( 単純に考えても、豆大福が
 ( 身体の血となり肉となるには
 ( 膨大な手間が投入されてるはずです
 ( 豆大福を食べた翌朝
 ( 身体が豆大福になってた!
 ( そうならずに済むのは、消化器系のお陰です



20201023SS00007.png
 ( 消化器系のお仕事が多いと
 ( これは食べる量が多いか
 ( 食事と食事の間隔が短いかで
 ( お仕事の納期がキュートになって
 ( 消化器系では追っつかず
 ( 免疫系がフォローに入ります



20201023SS00008.png
 ( 会社の業務運営が多忙過ぎて
 ( 営業がフォローに入ったとします
 ( どうにか、うまく回ったとします
 ( でも、外が手薄になっちゃう



20201023SS00009.png
 ( 免疫系が
 ( 本来の仕事を離れ
 ( 消化器系の助っ人へ行っちゃう
 ( 常時すべきな、ガン細胞や
 ( ウイルスの除去が手薄になっちゃう
 ( 粗食と飽食
 ( 一日一食と一日三食
 ( どちらが強い体質か? でしょうか








.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ