FC2ブログ

記事一覧

行 持  「 附 法 」




正法眼蔵 行 持  下
 「 附 法 」


初祖は
釈尊第二十八世の附法なり
道にありてより
このかたいよいよおもし
かくのごとくなる大聖至尊
なほ師勅によりて
身命をおしまざるは
伝法のためなり、求生のためなり

 ( 達磨大師は
 ( 釈尊から二十八代目にあたり
 ( 仏道にとって重要な人となりました
 ( このような聖人が
 ( 師の命に従い中国へ渡ったのは
 ( 法を伝え、人々を救うためでした



20200915SS00001.png




 ( コンパスで円を描きます
 ( 円を先に考えると
 ( コンパスの動きや角度(姿)は
 ( 円により規定されてる、とも言えます



20200915SS00002.png

 ( 身体を十字架にかける
 ( まるで幾何学のシミュレーションのよう
 ( この坐禅の行
 ( 大昔に誰かが恣意的につくった
 ( そうも考えられます
 ( しかし釈尊以来何代にも渡り
 ( この法が受け継がれて来たわけは
 ( コンパスの動きや角度(姿)は
 ( 円により規定されており
 ( その動きや角度(姿)は
 ( 必ず同じものになる、坐禅の姿も
 ( それと同じ方程式になってる
 ( そう考えますと、辻褄が合います



20200915SS00003.png

 ( ここに私がいます
 ( 私は六本の座標軸に貫かれます
 ( 私は世界の中心に
 ( 位置したことになります
 ( 六本の座標軸を土星の距離まで
 ( 伸ばすことが出来ます
 ( 中心から球面まで土星の距離の
 ( 一個の球体がイメージ出来ます

20200911SS00004.png






20200915SS00004.png

 ( これは中学生でも出来る
 ( 幾何学の遊びです
 ( しかし、このお遊びが何故出来るのでしょう
 ( 自分を座標系の中心に置いたからです




20200915SS00005.png

 ( 土星の距離までの
 ( 巨大な球面が私を取り巻いています
 ( その中心に
 ( ちっぽけな私が佇んでいます
 ( これをリアルにイメージすると
 ( がっかりして意気消沈するでしょうか
 ( 逆です、とても勇気づけられます
 ( このリアルなイメージは
 ( なにゆえに体験出来るのでしょう
 ( 自分を座標系の中心に置いたからです







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ