FC2ブログ

記事一覧

行 持  「 栽 樹 」



行 持  「 栽 樹 」


臨済院慧照 e-syo 大師は
黄檗 o-baku の嫡嗣 tekisi なり
黄檗の会 e にありて三年なり
純一に辨道するに
睦州 boku-syu 陳尊宿の教訓によりて
仏法の大意を黄檗にとふこと三番するに
かさねて六十棒を喫す

 ( 臨済禅師 ~867 は
 ( 黄檗禅師 ~850 の法をつがれました

 ( 黄檗禅師に師事して三年
 ( 睦州 boku-syu という方にうながされ
 ( 仏法の大意を三度
 ( 黄檗禅師に尋ねられます
 ( しかし悉く鉄槌にて跳ね返されます



20200822SS00001.png



なほ励志 reisi たゆむことなし
大愚にいたりて大悟することも
すなはち黄檗、睦州 両尊宿の教訓なり

 ( しかしめげることなく
 ( 静謐なる坐禅を続けられます
 ( その後、大愚禅師の言葉で道をえますが
 ( その推移は、黄檗禅師と睦州禅師
 ( この二人の導きによるものです



20200822SS00002.png


祖席の英雄は臨済、徳山といふ
しかあれども、徳山いかにしてか臨済におよばん

 ( 祖師方の中でとくに傑出した人物
 ( それは臨済禅師と
 ( 徳山禅師といわれています
 ( しかし、臨済禅師はとびぬけています



20200822SS00003.png


まことに臨済のごときは
群に群せざるなり
そのときの群は
近代の抜群よりも抜群なり

 ( 当時の修行者は
 ( 今の抜群なる修行者よりも
 ( はるかに優れておられました
 ( 臨済禅師はその中で
 ( さらに抜群なる方でした



20200822SS00004.png


行業純一にして
行持抜群せりといふ
幾枚幾般の行持なりと
おもひ擬せんとするに
あたるべからざるものなり

 ( 臨済禅師の行持は
 ( その純一静謐において
 ( 抜群であったと言われています
 ( その行持の静謐さは
 ( 推察ですら近づけません



20200822SS00005.png


師、黄檗に在りしとき
黄檗とともに杉松を栽うるついでに
黄檗、師に問うて曰く

「   深山の裏に
   許多 soko-baku の樹を栽えて
  作麽( nanika-sen 」

師曰く、

「 一には山門のために境致となし
 二には後人のために標榜となす 」 
 すなわち鍬をもって地をうつこと両下す


 ( 臨済禅師が黄檗禅師に
 ( 師事なされてた時のことです
 ( 共に杉や松を植林なされました
 ( 黄檗禅師が問われました
 ( この山奥に多くの木を植え
 ( どうなされるのですか
 ( 臨済禅師がお答えなられます
 ( 一つに山門の整備のためです
 ( 二つには、後世の人のため
 ( 求道の象徴とするためです
 ( そう述べられて、黄檗禅師と共に
 ( 鍬を振るわれました



20200822SS00006.png


黄檗、拄杖 syu-zyo を拈起 nenki して曰く
しかももかくの如くなりと雖も
汝 已に我が三十棒を喫しおわれり
師、嘘嘘声をなす
黄檗曰く
吾が宗、汝に到って大いに世に興らん

 ( 黄檗禅師は
 ( 杖 zyo を取って述べられます
 ( しかしあなたは、さんざん私から
 ( どやしつけられて来たではないですか
 ( 臨済禅師は恥ずかし気に
 ( ため息をつかれます
 ( 黄檗禅師は述べます
 ( 私が行って来たこの行持は
 ( あなたの代で
 ( 大いに世に広まることでしょう



20200822SS00007.png


しかあればすなわち
得道ののちも
杉松などをうゑけるに
てづからみづから
鍬柄をたづさへけると、しるべし

 ( このように
 ( 臨済禅師は道を得た後も
 ( 杉や松を植えるのに
 ( 自ら鍬をふるうことを厭いませんでした



20200822SS00001.png


吾宗到汝大興於世
これによるべきものならん

 ( 黄檗禅師の述べられた
 ( 「 私が行って来たこの行持は
 (  あなたの代で
 (  大いに世に広まることでしょう 」
 ( とは
 ( 臨済禅師のこのような態度に
 ( よく表れています



20200822SS00002.png


栽松道者 sai-syo dosya の古蹤 ko-syo
まさに単伝直指なるべし
黄檗も臨済とともに栽樹するなり

 ( 栽松道者と呼ばれた
 ( 五祖 大満禅師の行跡を
 ( 臨済禅師も同じく歩まれました
 ( 黄檗禅師と臨済禅師は
 ( 共に植林をなされたのです



20200822SS00003.png


 ( 思いに拘泥凝縮されてしまう
 ( 思いがあれこれ飛翔しまくる
 ( 日常の「 ありのまま 」 と言えます
 ( 臨済禅師の「 ありのまま 」 は
 ( ちょっと異質な 「 ありのまま 」 です

 ( 臨済禅師の「 ありのまま 」 は
 ( 栽松 sai-syo
 ( 松をうえる、と言う行為の中に現れます
 ( 威儀を正し、心象に筋肉を付与します
 ( 筋力を得た心象を内十字に向けます
 ( すべては辺境静寂から生まれ
 ( 身十字中心、その静謐の中に消え入ります



20200806SS00002_20200822180130a8d.png



 ( 身十字中心、その静謐の中に消え入る
 ( この感じが、新鮮な緑が
 ( 沈静し木質化してゆく過程で象徴されます
 ( すべては辺境静寂から生まれ
 ( 身十字中心、その静謐の中に消え入る
 ( この「 ありのまま 」 には
 ( 威儀行が先行します
 ( その威儀行には
 ( その「 威儀行に生きよう 」と言う
 ( 意志が先行します



20200818SS00005_20200822180131993.png



 ( 臨済禅師の抜群たるゆえんそれは
 ( 「 威儀行に生きよう 」という
 ( その意志が抜群だったから
 ( 師である黄檗禅師から
 ( こてんぱんにされても
 ( 「 威儀行に生きよう 」 は不動です
 ( 師の評価や仏法とは?を理解する名誉
 ( これに左右されません
 ( なぜそう出来ちゃうのか



20200818SS00004_20200822180137d3b.png



 ( 臨済禅師は
 ( 仏法とは? 悟りとは? 救いとは?
 ( これらを思いおこす必要がない
 ( 現物をお持ちです
 ( すべては辺境静寂から生まれ
 ( 身十字中心、その静謐の中に消え入る
 ( 臨済禅師は
 ( この 「 栽松 sai-syo 」 という
 ( 現物現金、生きたお金をお持ちです
 ( 「 お金持ち、喧嘩せず 」 です










.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ