FC2ブログ

記事一覧

行 持  「 一寸を行取せん 」



行 持   91 )

大慈寰中禅師 daizi kantyu いはく
一丈を説得せんよりは
一尺を行取せんに如 shi かず
一尺を説得せんよりは
一寸を行取せんに如かず


 ( 丈 ≒ 3 m 尺 ≒ 30 cm 寸 ≒ 3 cm

 ( 大慈寰中禅師 (~862) が述べられました
 ( 法を一丈理解するよりも
 ( 一尺を行ずるほうがよいのです
 ( 一尺を理解するよりも
 ( 一寸を行ずるほうがよいのです



20200812SS00009.png


これは、時人の行持おろそかにして
仏道の通達をわすれたるが
ごとくなるをいましむるににたりといへども
一丈の説は不是とにはあらず
一尺の行は一丈説よりも
大功なるといふなり

 ( これは、当時の人が
 ( 修行を疎かにして
 ( 仏道の本懐を忘れちゃったのを
 ( 戒めておられるのですが
 ( 一丈の理解が無駄
 ( という訳ではありません
 ( 一尺の行は一丈の理解より
 ( 功が大きいと述べておられるのです



20200812SS00010.png


なんぞただ
丈尺の度量のみならん
はるかに須弥と芥子との
論功もあるべきなり

 ( しかしそれは
 ( 丈と尺の違いではなく
 ( 遙か須弥山と芥子粒ほど
 ( 功の違いがあると
 ( さとされているのです



20200812SS00011.png



 ( 大慈寰中禅師が
 ( おすすめになられた行
 ( それは神妙なる坐禅の姿でした
 ( この坐禅の姿を行じることが
 ( 仏の教えを知るに比べて
 ( 桁違いの功徳をもたらすと
 ( その違いは
 ( 遙か須弥山と芥子粒ほど違うと



20200812SS00013.png


 ( しかし大慈寰中禅師が
 ( おすすめになられた坐禅行は
 ( 遙か須弥山、森羅万象を
 ( 芥子粒ほどの我が心中
 ( 聖十字中心へと招き入れ
 ( 映しだす事に他なりません



20200812SS00014.png


 ( 己が森羅万象へと
 ( 拡大して行くのではなくて
 ( 十方から森羅万象が
 ( この身に下り来りて
 ( 今の私を形つくってる
 ( それは遙か
 ( 須弥山の山並みであり
 ( 同時に私が万鏡に書き記るした
 ( 私の過去の行いすべてであると







.


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
青葉坐禅堂



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

090-7325-5711 佐々木正巳 まで










.

最新記事

カテゴリ