FC2ブログ

記事一覧

行 持  「 小 院 」



行 持   87 )


この天童山は、もとは小院なり
覚和尚の住裏に、道士観
尼寺、教院等を掃除して
いまの景徳寺となせり

 ( 天童山は
 ( もとは小さな禅堂でした
 ( 正覚和尚 ( 宏智禅師 )が
 ( 道教の寺や尼寺
 ( 教院などを取り除き
 ( 今の景徳寺の形にしました
 

 
20200808SS00001.png


師 遷化 senge ののち
左朝奉大夫 satyobudaihu
侍御史 zigyosi 王伯庠 ohakusyo
ちなみに師の行業記を記するに
ある人いはく
かの道士観、尼寺、教寺をうばひて
いまの天童寺となせることを記すべし

 ( 宏智禅師が亡くなった後
 ( 左朝奉大夫 侍御史の王伯庠が
 ( 禅師の足跡を残そうとしました
 ( その行業記に対しある人が述べました
 ( 宏智禅師は、道教の寺や
 ( 尼寺・教院を排除して
 ( 今の天童寺にしてしまった
 ( そう記すべきだと



20200808SS00002.png


御史いはく
不可なり、此の事、僧の徳に非ず
ときの人、おほく侍御史をほむ
しるべし、かくのごとくの事は
俗の能なり、僧の徳にあらず

 ( 侍御史 zigyosi は
 ( その意見をよしとしません
 ( そのように記しては
 ( 宏智禅師の徳が伝わらないからです
 ( この判断を多くの人が褒めました
 ( 世間道の判断は
 ( ものごとの表層を見て判断します
 ( 世間道ではそれが正しいのですが
 ( 宏智禅師のような方
 ( その本質に近づくには
 ( 別のアプローチが必要となります



20200808SS00003.png


おほよそ仏道に登入する最初より
はるかに三界の人天をこゆるなり
三界の所使にあらず
三界の所見にあらざること
審細に咨問すべし

 ( 「 これが必要です 」 から創られる欲界
 ( 「 これをよしとする 」 から創られる色界
 ( 「 こうである 」 から創られる無色界
 ( これら三界は、あたかも
 ( 不動の真実のよう厳然としてます
 ( しかし、実際は別です
 ( ある条件下で入道雲が現れ
 ( ある条件下で虹が現れるように
 ( 三界は、生と死に区切られた
 ( その A ~ B 時空間でのみ
 ( 現れることが出来ます

 ( 生の壁・死の壁
 ( この壁があるゆえに
 ( 私達は時間の支配下に入ります
 ( 60 分食べ放題だと
 ( この間に元とろう
 ( 得しようとテンションを上げます
 ( もし、果てしなく食べ放題だったら
 ( ゆっくり味わうでしょうし
 ( 食べ急ぐ事や、食べ過ぎる事は
 ( ばからしく思えてきます

 ( 仏道に参入するとは
 ( 生の壁・死の壁
 ( 二つの壁を壊す事に他なりません
 ( 生の壁・死の壁が取り除かれたら
 ( 私達はどう変化するでしょうか
 ( 自由を規制する
 ( 従来の 「 時 間 」 は消えます

 ( それに代わって
 ( 過去方向未来方向
 ( 共に果てのない時間が
 ( 時間という在り方をやめ
 ( 空間として立ち現れます
 ( そこでは、時間が空間になります



20200808SS00004.png


 ( 千年前私は
 ( ある人を傷つけたとします
 ( 時間が無限の地平をなしてたら
 ( 罪をあがなわねば、と思えます
 ( 成りたいものがあるなら
 ( 少しずつ技量をつけよう、と思えます
 ( どのようにも変われる
 ( そう思う事が出来ます

 ( 仏道は
 ( 三界を脱したところ
 ( 生の壁・死の壁を
 ( 取り除いた所に広がります
 ( ここでは不動のカルマと
 ( 豊かな自由が共存してます




 
.


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ