FC2ブログ

記事一覧

行 持  「 古来の勝躅 」




行 持   72 )


古往の聖人
おほく樹下露地に経行す
古来の勝躅 syotyoku なり、履空の玄風なり

 ( 白雲守端禅師は続けて
 ( 聖人方のおおくは
 ( 樹の下や露地で御修行なされました
 ( 古の優れた事跡と言えます
 ( 身体に埋没することなく
 ( 身体から離れ、かつそばで尊ぶと言う
 ( 空の玄風のなせるわざです

なんだち出家学道する
做手脚 sa syu kyaku なほ
いまだおだやかならず
わづかにこれ四五十歳なり
たれかいたづらなるいとまありて
豊屋をこととせん
ついに不従なり

 ( 出家弁道に励まれていますが
 ( まだ手足の振る舞いは荒く
 ( 穏やかになっていません
 ( 修行出来る年月は
 ( わずかに四五十年
 ( その貴重な時間を
 ( 豊屋で過ごす暇がどこにありましょう
 ( 白雲守端禅師はそう述べられ
 ( 坐禅堂修築を
 ( ついに御認めにはなりませんでした



20200727SS00009.png




 [ この一節から
 [ 白雲守端禅師が狂信的な
 [ ブラック指導者ではなかったと
 [ よく伝わってきます
 [ 修行する僧達をよく見ておられた

 [ 手足の振る舞いが
 [ いまだ穏やかならず
 [ これにはどんな意味があるでしょう

 [ 劣悪な環境で坐禅する
 [ その事に意味はなく
 [ 坐禅に身体を捧げ
 [ これまでのような身体との関係
 [ ガチガチな関係を解く事に
 [ 坐禅の意味があると言えます

 [ 愛憎がちに組んだ二人
 [ 賢人がそれを見て
 [ 適度な距離に修正しようとしてる
 [ そのようにも見えます
 [ そう見ますと、このテーマは
 [ 千年前の奇事ではなく
 [ 今ここ、どこにでも息づく
 [ 見逃せないテーマだと気付かされます




.


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


読み上げ(read aloud)はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ