FC2ブログ

記事一覧

行 持  「 出山路 」



行 持   64 )



この僧またとふ
「 出山路、向什麽処去 」

師いはく 「 随流去 」


 ( 道に迷った僧が尋ねます
 ( 「 山中迷ってしまいました
 (   どのように行けばいいでしょうか? 」

 ( 法常禅師がお答えられます
 ( 「 水の流れに沿って行きなさい 」


20200724SS00002.png






火・風・水・土
これが起承転結を表現している
という、秘儀があります
「 起 」 は事のはじまりです、そこから始まる
ある神霊が別の神霊を見上げています
なんてすごいんだろう
その感動の熱 [ 火 ] が立ち昇ってゆきます
「 承 」
その様子をまた別の神霊が見ています
この神霊は目前のやりとりから
尽きることのない感動を得ます
その感動は周囲に満ち満ちて行きます
送り与えようとする徳、 [ 風 ] です

そして転じます
ある神霊が捧げられた感動の火
その受領を辞退します 
受領の断念、 [ 水 ] が生じます

そこから一つの結に至ります
心からの声援感動拍手を送ったのに
それが受領されなかったとします
感動の火は送った先に届き
受け取られてこそ、それだったのに
その火は本来あるべきところに
至ることが出来ません
生花を送ったのに住所不在で
手元に送り戻されて来た
その時の落胆に似ています
「 あるべきところ 」 との別離、死です
[ 土 ] が死です

私達の身体は
私達の心魂が中にあってこそです
心魂が入れなくなったら
身体はそのあるべき意味に至れません
本来の意味からの退去
身体を通して死が現実のものとなります


法常禅師が述べられた
「 随流去 」
水の流れに沿って行きなさい
水は 「 受領せず 」 を意味しています
法常禅師はその身体を受領しません
その身体を坐禅に捧げます
本来の意味から離れたその身体は
死 ( 土 ) を経験する事になります

この事で法常禅師は
何をなさったのでしょう
死の力の源泉は生から死へ
その変化落差にあると言えます
既に死んでいるものには
この変化落差を行使する事は出来ません
法常禅師は自ら
継続的に死を経験する事で
死そのものを無力化なされたと言えます




.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


西の空へ落ち、消え行くお日様
The sun falls into the western sky
and disappears

そして新たな力携え、東の空から登る
The next morning, with new strength,
it emerges from the eastern sky.

釈尊が伝えし坐禅の形
The Form of Zazen Passed Down
by the Buddha

西の空へ、太陽が消え落ちるように
坐禅の骨格の中へ落ち、消えゆく
To the western sky,
as the sun disappears
Falling into the skeleton of zazen
and disappearing

そこは、新たな力を受け取るところ
It's where we receive new power.




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ