FC2ブログ

記事一覧

行 持  「 鉄塔一基 」



行 持   61 )


師の坐禅には
八寸の鉄塔一基を頂上におく
如載宝冠なり
この塔を落地却せしめざらんと
功夫すれば、ねぶらざるなり


 ( 法常禅師は
 ( 八寸の鉄塔を頭の上に置かれて
 ( その状態で坐禅をなされました
 ( まるで宝冠をかぶっているようです
 ( この塔を落とさないよう努めることで
 ( 眠る事はありませんでした


[ 一寸 3cm × 8 = 24 cm ]



20200723SS00003.png





その塔、いま本山にあり
庫下に交割す
かくのごとく弁道すること
死にいたりて懈惓なし

 ( その塔は今
 ( 大梅山護聖寺にあります
 ( それは庫院にあって
 ( 代々引き継がれています
 ( 法常禅師は
 ( 鉄塔を頭の上に置いて
 ( 身の十字を保持するほど
 ( 身体を、十字架と言う姿に捧げています
 ( その心情はほぼ
 ( 死を受け入れるに等しいと言えます
 ( 鉄塔を頭の上に置いて
 ( 身の十字を保持するなんて
 ( 心を滅却しなければ出来ない事です
 ( 心を滅却しているのに
 ( この「 心の滅却 」 を保持いて行くと言う
 ( 強靭な心を保持されました



20200723SS00004.png




 [ その心は完全に死んでいて
 [ 同時に勇猛果敢に生きている
 [ 常識の枠外にある、心の在りようです

 [ 一時の自棄 ( 投げやり ) ならば
 [ 思い切って出来るかも知れません
 [ 法常禅師は
 [ 自棄 ( 投げやり ) を24時間
 [ 30年にわたり継続なされた

 [ そんな事が
 [ 出来た法常禅師は
 [ 特別な資質才能をお持ちであられた
 [ そのように結論づける事も可能です
 [ しかし、死の継続が 
 [ それをなす法常禅師に
 [ 法常禅師にすら想定外だった
 [ まったく新しい地平を開示したのだ
 [ そう推測する事は可能です
 [ 栄養の取り方や
 [ 心身の成立システムに
 [ パラダイムシフトは起こりえる
 [ それは、実はそう不思議な
 [ 事ではないのかも知れません





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


読み上げ(read aloud)はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ