FC2ブログ

記事一覧

行 持  「 上古龍象 」

 


行 持   44 )


四十年のあひだ
世財をたくはへず常住に米穀なし
あるいは栗子、椎子をひろうて食物にあつ
あるいは旋転飯食す
まことに上古龍象の家風なり
恋慕すべき操行なり


20200715SS00001.png



 
 [ 趙州従諗禅師は
 [ 六十一歳より二十年間
 [ その身を威儀坐禅に供します
 [ その後八十歳から百二十歳まで
 [ 趙州観音院に住し後進の指導にあたりました
 [ 禅師はその四十年の間
 [ 「 畜え 」 という事をなさりませんでした
 [ 観音院に米の蓄えはなく
 [ 栗や椎の実を食したり
 [ あるものを皆で順番に食しました
 [ まことに優れた日々の生活であり
 [ 尊き身の処し方です



 ( 死を迎えた時、心身とも平安冷静であったら
 ( その時受ける印象は
 ( 心魂が身体へ入っていけない
 ( 自分がその中にあってこその身体だったのに
 ( 自分と身体が引き離されたよう
 ( 深い悲しみを感じるかも知れません

 ( この身を神仏社 yasiro の建材に供す
 ( この威儀坐禅の行持は
 ( 同じように自分とその身が離された
 ( 深い悲しみを感じるかも知れません
 ( しかし、離された身体は
 ( 暁の薄明かりを受ける器となります







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

61歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/




















.

最新記事