FC2ブログ

記事一覧

行 持  「 崇 重 」


行 持   43 )


壮年にして軽爾ならんわれら
なんぞ老年の崇重なるとひとしからん
はげみて弁道行持すべきなり



20200714SS00001.png




 ( 趙州従諗( Jūsin )和尚
 ( 探求の旅に出られしは
 ( 六十一歳の時です
 ( それから二十年間
 ( その身を威儀坐禅に供します
 ( その身を神仏の社 yasiro 建立の建材としました
 ( そしてこの建材は生老病死
 ( 死を免れぬものです
 ( 死の中に永遠を宿したと言えます
 ( 一方、神仏にとって死は未知なるものです
 ( それゆえその対称をなす永遠も
 ( 神仏にとっては未知なるものです
 ( この地上で、この身体の中でのみ
 ( 人も神仏も、死と永遠を経験出来ると言えます
 ( 死と永遠を融合し共に解消してゆく
 ( それが出来るのは死を担っている間
 ( すなわち生きている間だけなのです




  [  この事は
  [  禅宗が興る500年前
  [  何故
  [  キリストがイエスの身体に宿り
  [  そして十字架上で
  [  死を経験しなければなかったのか
  [  この経緯に関して、示唆を与えてくれます




.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
61歳です。


師 沼田 勇 先生 ( 玄米 )
師 中川 宗淵 老師 ( 三島 龍沢寺 )
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/










.

最新記事