FC2ブログ

記事一覧

行 持  「 焼断の燼木 」




行 持   40 )

いまだかつて一封の書をもて
檀那(ダンナ)につけず
僧堂おほきならず、前架なし、後架なし


 ( 従諗( Jūsin )和尚は八十歳になられた後
 ( 趙州観音院へ入られました
 ( 僧堂を構え運営して行くには
 ( 衣食住にわたり周りの支援を必要としますが
 ( 従諗( Jūsin )和尚は自ら
 ( それを求める事はしませんでした
 ( その僧堂は大きくなく
 ( 建築様式も整ってはいませんでした




20200711SS00001.png





あるとき牀脚をれき
一隻の焼断の燼木を
縄をもてこれをゆひつけて
年月を経歴し、修行するに
知事、この牀脚をかへんと請するに
趙州ゆるさず。古仏の家風きくべし


 ( ある時、椅子の脚が折れてしまいました
 ( 趙州和尚は一本の焦げた木をくくり付け
 ( その椅子の補強修理とします
 ( その後もそれで良しとする趙州和尚に
 ( 係りの僧が新調を具申しましたが
 ( 趙州和尚はそれを許しません
 ( 生身の身体で寺社仏閣を建立する
 ( この身を仏閣とするを主眼としていたからです
 ( これが祖師方の家風です





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
61歳です。


師 沼田 勇 先生 ( 玄米 )
師 中川 宗淵 老師 ( 三島 龍沢寺 )
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/










.

最新記事