FC2ブログ

記事一覧

石女たって舞う 




・・・・・・木人まさに歌い
・・・・・・石女たって舞う   
・・・・・・情識の至るにあらず

・・・・・・・・・・・・・「 宝鏡三昧 」
・・・・・・・・・・・・・・洞山良介禅師作
・・......・・・・・・・・・・・・・807~869





20200705SS00001.png


木造彫刻が、歌いだし
石像の女神が舞いだす

中国は唐の時代
日本は平安時代に書かれた偈頌ですが
「 ト イ・ス ト ー リ ー 」 ( ディズニー )
みたいな映像描写です
前世紀なら
チャップリンのサイレント映画みたい

平時に
「 もはや、これまで !」 感
繰り返しトレーニングしてくと
絶望感通り越して、身軽になって来る
そんな錯覚おぼえます

生老病死は
既定スケジュールですので
「 もう手の施しようありません 」 な end は
ノンフィクション ではあるのでしょう

一瞬の end を基準にして
他の時間を彩色するのって
偏ってません ? とも思えますが
絶望の向こう側に
身軽さや自由があるとしたら
「 もう手の施しようありません 」
これにに馴れて行くのは、楽しからずやかも
( それに普段って、アノ手コノ手で疲れてるし )

「 もう手の施しようありません 」 の次は
自分の身体が木や石のように
「 他 」 に見えるかもしれません

そして
木や石のように 「 他 」 に見える
自分の身体に意志を吹き込み
歌い、そして舞う

これってとてもお洒落な
時間の過ごし方のように思えます




.




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
青葉坐禅堂



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

090-7325-5711 佐々木正巳 まで










.

最新記事

カテゴリ