FC2ブログ

記事一覧

行 持  「 敬 仰 」



行 持   18 )


それより後、ただ日も足らず
経行(きんひん)宴坐し住立思惟す

昼はすなわち理教を研習し
夜は乃ち静慮凝神す

三歳を綿歴するに、学は三蔵を通じ
三界の欲を断じ、三明の智を得る

時の人 敬仰して
因みに脇尊者と号す



2020年06月01日01




敬意の念をもって
きょう ( 脇 ) 尊者と称されたと

現代人の目からすると
四六時中、横にならなかった
これは、「 ちょっと変な人 」 これが正常な反応かと

正法眼蔵、広くは禅一般
釈尊のレポート全般、理解不能な事、多々登場します

たとえ話と受け取る事もできますが
自己人間の核は
後ろにも前にも見渡す限り続いている

それが今生は、この身に宿りこの一生をなす
いずれ次の生では違った時代に、ちがった境遇でその生を全うする
これからもそうだし
これまでも思い出せないだけで、多くの生を経験して来た

これが確信となり常識となると
脇 尊者が横にならなかったのも
そんな不思議な事とは、思えなくなります

不生不死が常識となれば
この身と我とは、がち一体な関係ではなく
リモートワークな
少し離れた、穏やか関係になるでしょうから







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

61歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/




















.

最新記事