FC2ブログ

記事一覧

この身を十字にかける 2





こちらの文章は
筋肉学( 運動生理学 )の石井直方さんの
筋肉の特性を示すレポートでした。


-----------------------------

筋肉は(筋肉の)中心方向へ
直線的にしか縮まない

筋肉は直線的な力を
なおかつ、その中心方向に向かって
発揮することしかできません

反対方向、つまり
中心から外側に向かって
力を出す筋肉もあるのではないか
と誤解している人も
いるかもしれませんが

力のベクトルは
あくまでも中心方向へだけ
筋肉が自ら外に向かって
伸びるということは絶対にありません



2020年05月20日04




中心方向にしか
縮めないということは
いったん縮み切ってしまったら
力の発揮はおしまいになります
しかし、それでは困ってしまいます

それぞれの筋肉は
必ず自分を伸ばしてくれる
パートナーをもっています

それが拮抗筋であり
例えば
上腕二頭筋に対する上腕三頭筋
大腿四頭筋に対するハムストリングスです

筋力トレーニングのような
特殊な運動の場合は
重力やバーベルなどの負荷が
筋肉を伸ばす役割をしているので
拮抗筋はほとんど働いていません

ですが、日常生活や
スポーツなどの場合は
拮抗筋がしっかり働かないと
筋肉が縮みっ放しになってしまいます


-----------石井直方 ( 東京大学・教授 )




-----------------------------

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

61歳です。

仙台にお越しの折は
何気にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 
師 中川 宗淵 老師
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/









.

最新記事