FC2ブログ

記事一覧

空 華 「 疑著しつべし 」



空 華   9 )


人見天見を執して
火裏をならはざるべからず
疑著せんことは
水中に蓮花の生ぜるも疑著しつべし
枝條に諸華あるをも疑著しつべし
又疑著すべくは
器世間の安立も疑著しつべし
しかあれども疑著せず





2020年02月07日03






正法眼蔵 第十四巻「 空 華 」でした


優 鉢 羅 華 Uharake 
三千年に一度 咲く花


天空を見渡す
天空は広く美しく流れてる

この視点を裏返し
天球の端てを内鏡とし
天球 ALL を己が内面と感じてみる

そんな無茶なと
「 疑著しつべし 」
お疑いなされることでしょう

お忘れなされてるだけで
どの一花もその過程
火裏三千年を経て来られた
そのようにして
一花をお創りなされた



.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
青葉坐禅堂



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )

090-7325-5711 佐々木正巳 まで










.

最新記事

カテゴリ