FC2ブログ

記事一覧

海印三昧  「 不相対待 」



海印三昧  19)


従来の起処に
忽然として滅すとも
起の滅にあらず、法の滅なり

法の滅なるがゆえに
不相対待なり
たとひ滅の是即にもあれ
たとひ起の是即にもあれ
但以海印三昧、名為衆法なり
是即の修証はなきにあらず
只此不染汚、名為海印三昧なり



20200125160101fa5.jpg





正法眼蔵第十三巻は
「 海印三昧 (kai-in Zanmai) 」でした


生まれては消え
消えては生まれる
止まることなし滞る事なし

道元禅師は海路
中国へ渡り、そして帰られたので
その悠久の営みを
「 海印三昧 」 となされた ?


「 悠久の大河の如し 」

山育ちには、こちらの方が、ぴんと来ます






.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
61歳です。


師 沼田 勇 先生 ( 玄米 )
師 中川 宗淵 老師 ( 三島 龍沢寺 )
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/










.

最新記事