FC2ブログ

記事一覧

海印三昧 「 衆法を以て此身を合成す 」


海印三昧  2)


仏言はく
但衆法を以て此身を合成す
起時は唯法の起なり
滅時は唯法の滅なり

此の法起る時、我起ると言はず
此の法滅する時、我滅すと言はず

前念後念、念々不相待なり
前法後法、法々不相対なり
是れを即ち
名づけて海印三昧とす



2020012117200577f.jpg





正法眼蔵第十三巻は
「 海印三昧 (kai-in Zanmai) 」でした


威儀を正す
立っても椅子に腰かけても
威儀は正せるのでは?
坐禅に固執する意味、これ如何

この疑問、確かにィです
そこで改めて、坐禅の坐法の特筆です

胡坐( Agura )+お尻を上げてます
正座も胡坐も腿のラインは水平です
一方坐禅は、腿のラインに角度が付きます
( おしりが上、膝がしらが下 )
すると、腿の付根を固定しやすくなります
腿の付根が固定出来ると
下半身と上半身をつなぐ唯一の筋
大腰筋を十分に張れる=張力を引き出せる
= 構え( 構造 ) のみで背骨を立てれる
= 外見上の威儀は、坐法の構造のみで完成しうる
そんなスキームでしょうか

じゃ私は、何をすればいいんですか?
と続きます

一本の構造物( 背すじ )
それを息で、下へそして上へなぞる
それで、一本の構造物に
大事に向き合う事になるのですか?

触診ですから無視に非ずとは言えます

感覚上(心理上)とは言え
どう見ても内外往来な息を
触覚のようにして、背すじを上下せしめんとす
これは???なお話しです
飛躍有り過ぎですね


ここで観察を日常に戻しますと
私達は何気ない会話を通して
何を聞き取ってるんだろう? そう問えます

言葉の意味と同時に
その方の温かさや冷たさを
感受してるのでは?
好意や敵意が言葉( 息 )に隠されてる

1.めちゃくちゃ話し
  しばらく聞いてても
  嫌な気がしない微笑んじゃう

2.へんな事言ってないのに
  だんだん腹立って来る

そう私達は無意識で
言葉( 息 )に添付な温冷
感じ取ってるんじゃないかしらです


一本の構造物( 背すじ )
それを息で、下へそして上へなぞる
なんか一見ばかげてますが
私達の魂や霊は
その温かさを微笑んでらっしゃるかも

そして
一本の構造物( 背すじ )は
己の身体であると同時に
内面に取り込んだ外界( 世界 )
と言えるかもです
( それは神経のシルクロードゆえ )
( 衆法を以て此身は合成されてるゆえに )

一本の構造物( 背すじ )に
温かく触れる事は
外界( 世界 )に温かく対する事
そんな事になるかも知れない ?







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


読み上げ(read aloud)はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ