FC2ブログ

記事一覧

坐禅箴  「 しづむそこなき 」



坐禅箴  36)


魚もしこの水をゆくは行なきにあらず
行はいく万程となくすすむといへども
不測なり、不窮なり

はかる岸なし、うかむ空なし
しづむそこなきがゆえに
測度するたれなし



2020年01月16日02





正法眼蔵第十二巻は、「坐禅箴(Zazen Sin)」 でした


拠り所を背景とする
それを通常の「我」とするなら
すべての拠り所が消えても
いや、拠り所が消えてこそ
浮かび上がるのが
深奥にまどろむ「 自我 」でしょうか

普段は「人の四重奏」構造ゆえ
それのみ意識する能わず、なのかと

先人方が何故
「 腰腹の一点に鎮まる 」
これをなしえたのか?と問えます

この「自我」への信頼
それがあったから、と思えて来ます
初めに信頼があって
その他を消し去るに躊躇なかった
と言うより
ありゃこりゃ消し去っても
次元と言う拠り所すら消し去っても消えない
その冷静な観察から確信なされた
と推測されます


「 腰腹の一点に鎮まる 」

その実際は
拠り所をどんどん失えど消えず
その観察でしょうか




.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催




何故、坐禅は継続出来るのか?
Why can zazen be continued? (2)


頭で天を衝き、腰を大地に埋める
With your head, hit the sky.
Bury your waist in the earth

身体(身長)の上限下限が明らかになります
骨格の上限下限が明らかになるとも言えます
The upper and lower limits of the body (height) will be revealed.
It can also be said that the upper and lower limits of the skeleton are revealed.

私達は身体(骨格)の先端に立ちます
これは寝てるような状態
骨格がフリーな状態になります
We stand at the tip of our body (skeleton)
This is like sleeping
The skeleton is in a free state




宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


読み上げ(read aloud)はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ