FC2ブログ

記事一覧

坐禅箴 「 辺際に涯岸なき 」


坐禅箴  35)

水清んで底に徹って
魚の行くこと遅々

水清といふは
空にかかれる水は
清水に不徹底なり

いはんや
器界に泓澄する
水清の水にあらず
辺際に涯岸なき
これを徹底の清水とす




2020年01月16日01






正法眼蔵第十二巻は、「坐禅箴(Zazen Sin)」 でした


透き通った水、それを見てる
それだけでも気持ちが清々します

ちょっと野暮ですが
その位置関係をimageしますと
私がいて、水面があって、清水があって
そんな位置関係でしょうか

一方、この一節で描写されてる清水は
私が清水の中にいて、お魚になってる
お魚の眼から四方を見てる
そんな位置関係でしょうか


四方が透き通ってる
美しき言葉ですが
「 辺際に涯岸なき 」これは
拠り所が無くなった感じ、に似てます


腰腹の一点に静まって行く
立体→平面→直線、そして点へ
次元が折り畳まれて行く感じ
息をはきつつこの感じを研鑽してます

帰着点の「 点 」を
どうイメージしようか?

この一節を参考にしますと
その点はすべての拠り所が消えても
なおそこに浮いてる
そんな感じでしょうか

拠り所がないのに
どうして浮いてられるの?
そう問えます

もしかして、自我が関わってるから?
もしそうなら、自我とは
すべての拠り所を失くしても
存続可能な実体なのでは?と続きます





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催



かつて馬祖 baso の会 e に参じてとふ
「 如何是仏 nyoga-zebutu 」と
馬祖いはく
「 即心是仏 sokusin-zebutu 」と
法常このことばをききて
言下大悟 gonka-taigo す




法常禅師 Ho-zyo zenzi が
馬祖 baso 禅師の坐禅道場で
静かにお坐りになられてる
傍目にそのお姿は、静止してて
水面静まりけり、死人のように見えます
その死んだ水面に、天地が語りかけます
陽光星辰は一瞬も滞らず、その歌を奏でます

法常禅師はある時
馬祖禅師にご質問なされた
「 仏とは、どのようなものですか 」

馬祖禅師が答えます
「 坐禅においては、心が仏となります 」






宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
Kōdō Sawaki
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )










.

最新記事

カテゴリ