FC2ブログ

記事一覧

坐禅箴 「 無偶無取 」



坐禅箴  34)


このゆえに無偶なり、このゆえに無取なり
これを奇なりと住持しきたり
了なりと保任しきたるに、我却って疑著せりなり




2020年01月14日03



正法眼蔵第十二巻は、「坐禅箴 (Zazen Sin) 」 でした


息が背筋を
吐いて Down し 、吸って Up する
この威儀形成の中で
何がなされているのだろう? という問いでした


一人一人一名一名
まったく違う時間空間の中
御暮らしなされてる、そう推測されます
世界( 内面 ) はどう形成されるのだろう?

目耳鼻や皮膚
これを物質構造と見てみます
これにエーテル体( 生命体 ) が参画して
生きた感覚器官となり外界を受け止めます

それは小川のせせらぎのよう
束の間に過ぎ、止まる事を知らず
でしょうか

そしてそれを保持せんと
アストラル体 (感受体 ) が次に加わり
神経をもってそれを内面化せんとす
でしょうか

次にこの神経のA4レポートは
如何に読み解かれて
己固有な内面世界を構築するのでしょう

                            
息と血流が
ページをめくり本に目を通すように
背筋を吐きつつ下り、吸いつつ上り
感覚と神経から、内面世界を構築なされる
そして「 息と血流 」その運用には
人を動物と分かつ「 自我 」が関わっていると


世界は新鮮を宗とし
とどまる事をしらず
やがて冬は過ぎ、春は来れり
過ぎたるものは無偶無取でしょうか

消息が途絶えしを何処で知るか
息を吐ききり鎮まりけりな
腰腹において、でしょうか







.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
61歳です。


仙台に御越しの時は
お気軽にお寄り下さい

https://ozigi.info/








正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/










.

最新記事