FC2ブログ

記事一覧

坐禅箴 「 毫忽の兆無し 」


坐禅箴  32)


其の照自から妙なり
曾て毫忽の兆無し
毫忽といふは尽界なり
しかあるに
自妙なり、自照なり
このゆえに
いまだ将来せざるがごとし



2020年01月14日01





正法眼蔵第十二巻は、「坐禅箴(Zazen Sin)」 でした



「 音楽は,
  静寂の中から生まれ
  静寂の中へ帰って行く 」

ピアニスト、アファナシエフさんには
音楽はそのように自己を開示してくれる

一方、宏智禅師においては
息が背筋を Down (吐息) / Up (吸気) する
この威儀形成の中に
静寂と生成の秘密が開示される
何故なのだろう? と言う問いです

息が背筋を 吐いて Down し 、吸って Up する
この威儀形成の中で
何がなされているのだろう?


ここで初めて
Rudolf Steiner 先生の
「 人の四重奏 」構造が視界へ
入ってこざるをえず、でしょうか










.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
61歳です。


師 沼田 勇 先生 ( 玄米 )
師 中川 宗淵 老師 ( 三島 龍沢寺 )
師 瀬島 龍三 先生 

----------------------------------

文章を通しての師

沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )
Rudolf Steiner 先生




正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/










.

最新記事