FC2ブログ

記事一覧

坐り方の工夫 72


坐り方の工夫 72


[ 質問 ]

人中[ 鼻の下から口の間 ]に
締まりがある者は気に締まりがある
と言うのは何故でしょうか

[ お答え ]

神気を締める時は
六根がその神に従って
一身の門を塞ぐ
これは口を塞ぐに等しい
また、口を塞ぐ時は
自然と人中が締まり
「心気」を締めるに等しい
ゆえに、人中が締まっている者は
心に締まりがある、と言う
つまり、心が締まらない時は
一国の君主の心が安定しないに等しい
よって、一身の門に締まりが無くなり
六根の臣下が現れ、縦横に働きまわり
ついにはその君を絶やしてしまう
よく考えなさい

...............水野南北居士(1760-1834)





20200105103439f6f.jpg





神気と六根 [ 自分 ]

この二つを別モノと認識されてる
水野南北先生の凄い所です

六根 [ 自分 ] が神気に服する
とはならず、無意識なのか
神気を栄養にして、六根 [ 自分 ] を豊かにしよう
て、発想になってしまいます

[ 元気を頂きました ] 悪くはないですが
上記精神スキームは、ちょっと違います


心気が神気に服する
心気が臣で、神気が君
こう関係する事で
心気が君で、六根 [ 自分 ] が臣たりえる

これは国家統治に近い
精神スキームでしょうか

吐く息で
身体前面・眉間→人中と、任脈を下る

是も、その加速度を楽しむ
なんてすると、うまく行かないのかも知れません


2020年01月05日04



神気荘厳を取り込む、加速度を味わう
これを改め
一歩も二歩も引いて
六根 [ 自分 ] が、神気荘厳は凄い!と鎮まる

神気荘厳はこのスキームの中で
己を開示するのかも、でした





.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

newstoday.jp

Author:newstoday.jp
佐々木正巳 
宮城県仙台市在住 
61歳です。


仙台に御越しの時は
お気軽にお寄り下さい

https://ozigi.info/








正法眼蔵・現代語訳はこちらでした。
http://newstoday.jp/










.

最新記事