FC2ブログ

記事一覧

坐禅箴 「 正嫡の児孫 」



坐禅箴  13)


大寂無対なる
いたづらに蹉過すべからず
抛せん引玉あり回頭換面あり
この無対さらにざん脱すべからず

南嶽、又、しめしていはく
汝坐禅を学せば、坐仏を学すと為す

この道取を参学して
まさに祖宗の要機をはん取すべし
いはゆる学坐禅の端的
いかなりとしらざるに
学坐仏としりぬ

正嫡の児孫にあらずよりは
いかでか学坐禅の学坐仏なると道取せん
まことにしるべし
初心の坐禅は最初の坐禅なり
最初の坐禅は最初の坐仏なり
坐禅を道取するにいはく
若し坐禅を学せば、禅は坐臥に非ず
いまいふところは、坐禅は坐禅なり
坐臥にあらず
坐臥にあらずと単伝するよりこのかた
無限の坐臥は自己なり
なんぞ親疎の命脈をたづねん
いかでか迷悟を論ぜん
たれか智断をもとめん



20191231091700e03.jpg




正法眼蔵第十二巻は 「坐禅箴(ざぜんしん)」でした


福井市の「室次」
創業・天正元年(1573年)の醤油屋さん
代々お醤油を御作りになってる
様々な方が関わって来られた
当主も多士済々と察せられます
共通せしは「お醤油作り」でしょうか


仏道の「正嫡の児孫」
それは「坐禅作り」で共通してる
宗教宗派はもちろん国籍・信条すら
凌駕している

中国・日本においても
禅は一宗教宗派と言う文化的形体を
とらざるをえなかったけど
その運動を牽引した祖師方は
各個人が「坐禅作り」から
人生を切り開いて行く事をおすすめられた

一宗教宗派をつくろうなどとは
夢にも思わなかった
これが道元禅師他祖師方の
痛快なる所でしょうか









.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催



太陽系を超え
銀河の渦を超えて
それが遠くに見える
そんなところから地球地上を見る
同じ時間同じ空間でも
まるでこの世とあの世くらい
離れてる

そこにいて地球大地に
自らの記念塔を建てる
坐禅という記念塔を建てる

この風景全体
これこそ、「 今 」 だと


宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ