FC2ブログ

記事一覧

坐禅箴 「 密受心印 」



坐禅箴 5 )

江西大寂禅師、ちなみに
南嶽大慧禅師に参学するに
密受心印よりこのかたつねに坐禅す

南嶽あるとき
大寂のところにゆきてとふ

大徳、坐禅して
箇の什麼(なに)をか図る

この問、しづかに功夫参究すべし
そのゆえは、坐禅より向上に
あるべき図のあるか
坐禅より格外に図すべき道の
いまだしきか
すべて図すべからざるか

当時坐禅せるに
いかなる図か現成すると
問著するか審細に功夫すべし

彫龍を愛するより
すすみて真龍を愛すべし
彫龍・真龍ともに
雲雨の能あること、学習すべし
遠を貴することなかれ
遠を賤することなかれ
遠に慣熟なるべし
近を賤することなかれ
近を貴することなかれ
近に慣熟なるべし
目をかろくすることなかれ
目をおもくすることなかれ
耳をおもくすることなかれ
耳をかろくすることなかれ
耳目をして聡明ならしむべし



201912281011424b6.jpg




 
正法眼蔵第十二巻は 「坐禅箴(ざぜんしん)」でした


このブログは
読み物としては最低論外である事
確かなはずです

いつもほぼ同じ事
繰り返し書いてるわけですから

ばかなんじゃない?
これが真っ当な反応でしょう
まっ致し方なしです
これは読み物に非ず
自身へむけた作戦会議のような
当面の作戦指示書のような
となってるようなので



頭頂・眉間・人中・鳩尾
息をはき身体前面を下る
息をすい背中を上る
もって姿勢威儀を正す


もうその話しは聞きましたが ・ ・
私もそうですが
お話しが身体に定着してない
それも事実ですね
理想はこの文章のrefrainが
身体から自ずから響いてくる
なんていいでしょうが
行為と証明が同時である
それが道元禅師の真骨頂ゆえ
めげずに歌おう!です


頭頂・眉間・人中・鳩尾
息をはき身体前面を下る
息をすい背中を上る
もって姿勢威儀を正す

この垂直系歌唱が
「耳目をして聡明ならしむべし」
へ直結するは
繰り返し行じていると
そりゃそうかな、と思えて来ます
単純に頭の血行が滞らなければ
そりゃは世界は新鮮に映るだろう

言ったり聞いたりは易く
行ずるは骨がおれます




.

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

佐々木正巳

Author:佐々木正巳
-----------------------------------


「国際交流のための坐禅会」

(ご希望に合わせ随時開催・参加費無料)

2006 東京国立博物館(上野) にて開催
2006~2015 仙台国際センターにて毎月開催
2022 ~  仙台 国見にて随時開催


世界には素晴らしい自然
文化・芸術・音楽があります
その国を訪れたり、その国の方を通して
それに出会うのは、貴重な経験です
もし、その国の方から
「日本の何か、紹介してもらえませんか?」
そう問われた時
10分坐禅会を開催するknow-howがあれば
朝夕の薄明かりの時間に行えば
その場は、あまり明瞭には見えませんので
どんな場所でも
幽玄な古寺の坐禅堂の趣です


坐禅の組み方を習得しそれを伝え
鐘を鳴らして始め、鐘を鳴らし終わる
そこには、何の技量高低もありません
だれでも、開催者になれます


それをどう感じるかは、主催者を含め
その坐禅を経験なされた方々
それぞれ本人に属する事で
他が、どうこう言えるものではありません

それゆえに、世界中の誰にでも紹介出来
それぞれが、己を発揮する貴重な場となります


鐘は仏具店で数千円で購入出来ます
それがあれば、世界中何処を旅しても
要望があれば、誰にでも
日本を代表する「世界の文化遺産」を
紹介出来るわけです
日本で、留学生の方へも紹介出来ます

世界には躍動的で
華やかな文化が多々あります

坐禅という「文化遺産」は
まったく異質な印象を受けます
10分とは言え、全く静寂な時間に佇む
己で己自身の身体を駆使する
これは、情報の嵐に麻痺した現代では
とても新鮮に映るかも知れません。



宮城県仙台市青葉区国見5-6-18
( 5-6-18 kunimi Aobaku Senndai )


仙台にお越しの折は
気軽にお寄り下さいませ

ご連絡先はコチラでした!
090-7325-5711



師 沼田 勇 先生 



----------------------------------

文章を通しての師

Rudolf Steiner 先生
沢木 興道 老師 ( 曹洞宗 )


YouTube はこちらでした。
https://www.youtube.com/channel/・・・・








.

最新記事

カテゴリ